ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2009年07月16日

3台目のiPod。今度はTouch。

iPod touch 16GB MB531J/A我が家のiPod。1家に1台で十分と思っていた携帯音楽プレーヤーですがついに我が家で3代目。

「iPod touch」

まぁ個々に用途も違いますし、必要な場面も違いますからね。さすがに初代「shuffle」はすでに引退して、メインは初代「nano」だったのですが、この「nano」は我が家のオーディオのdockに常に入っていてオーディオ代わりに使っているので、持ち歩く際はその都度オーディオから外していました。でももともとdock搭載のオーディオだったので取り外しも楽ですし、dockに入れておけば自動的に充電されますのでそんなに苦ではなかったんですけどね。

なので今回の購入は音楽プレーヤーとしてもさることながら他の用途で購入することになったのでした。

「デジタルフォトフレーム」

というのも、帰郷の際に多くの友人に会うのですが、沖縄の写真とか旅行中の写真とかなかなか見せることができなくていつも困っていたんです。もちろんデジカメをそのまま見せればある程度はOKなのですが、いかんせん最近はデジカメも数台使って撮っていて、防水デジカメで撮影した写真に関してはその防水デジカメを必要ではない本土への旅行へ持っていかないと見せられませんからね。

かといって印刷すると枚数が半端じゃないし印刷するのにかかる時間もかなりのものになるので、そこで思いついたのがデジタルフォトフレーム。この携帯版があればと思って探し始めたのがきっかけでした。

しかしデジタルフォトフレームは基本的に据置。つまり通常のフォトフレーム(写真立て)をデジタル化したものなので、とにかくサイズがでかい。しかも電源が充電式ではないものがほとんどなので持ち歩くことができないことが判明。でも値段は安いもので1万円もしないので最初はこっちで考えていましたが、充電とサイズでなかなかいいものが見つかりませんでした。

もちろん、今回かったTouchも選択肢に入っていましたが、いかんせん既にiPodを2台も持っていてこれ以上増やすのには抵抗があったので購入を検討していませんでした。

しかしデジタルフォトフレームでは充電とサイズがクリアできず、フォトフレームではないですがワンセグテレビの画像表示機能を使えるものなら充電もサイズもある程度はクリアできるのですが、いかんせんテレビなので高い!

そもそも携帯電話に画像を転送して見ればいいだけかもしれませんが、携帯だとどうしても画面が小さいですし、もともと画像を見るためのものではないので操作とか表示する速度とかで満足はできませんでしたからね。

そういう意味で他の商品が消去法で消え、結果Touchになった次第です。

iPhoneという選択肢もありますが、いかんせん私の携帯はau。今さら変更する気もありませんし、そもそもiPhoneのような通話機能は不要。結果、iPhoneの通話機能がないTouchになった感じです。auを解約してsoftbankに乗り換えてiPhoneにすれば1台で済んだだけかもしれませんが、どうしてもiPhoneの操作性が気に入らなくて・・・。やっぱり携帯メールは親指で打てる方がいいですからね。そういう意味で携帯は従来のタッチ式ではないものの方がいいかな?って思いまして。


そんなこんなでメインはフォトフレームとして使うことで今回のTouchを購入いたしました。

でもそんな感じだったので、値引きが全くないapple社製の製品を買うのも抵抗があって、正直写真さえみれれば良いという観点から中古のものを探し始めました。でもappleの場合は中古でもそんなに安くならないので探すのはなかなか大変でした。探している打ちにapple社製の中古品をメインに扱っているネットショップを見つけ、しかもそのお店が秋葉原の中古品を取り扱う老舗の「ソフマップ」であることが判明。ネットオークションなどだと製品の状態とか心配ですが、このソフマップのものならかなり安心ですからね。しかもオークションではなく楽天で中古品として販売していましたのでなおさら信頼性は高かったですからね。

でも新品定価の15%引き程度。

まぁapple社製の場合は新品だとほとんど値引きがされないので、新品に比べればこの15%程度でも安いですからね。しかも今回はTouchの8GBという最も安いものを買おうと思っていたのですが、メモリスロットがあるわけでもなく、増設もできないので写真のストレージにするなら大きめの16GBを買ってしまおうと思いました。8GBと16GBとでは定価ベースで8000円も違いますが、中古だと5000円ぐらいの差だったので思い切って16GBのものを買っちゃいました。

ちなみに音楽自体は私の場合、全てMP3データにしてしかも通常128kbpsのところをあまり音質を気にしないので64kbpsまで落としていますからね。結果、現在のiPodには400曲ほど入っていますがメモリは1GBも使っていませんからね。なので音楽データとしてはあまり使う予定はないのであくまでメインは写真用という感じかもしれません。

でも写真に関してもこのiPodに取り込むと元のデータをリサイズしてiPod内に保存するので、そのデータを再び取り出すことはできないんですけどね。なのでストレージ(写真のバックアップ)としては使うことができませんが、いろいろな人に見せるためには容量を気にせず使えるかもしれません。


そんな感じで友人などに写真を見せてあげるために買ったTouch。しかし実際はそれ以上の使い道があって嬉しい誤算でしたよ。


とにかく楽しい。


写真を見る際にも流れるように閲覧できるし、加速度センサーでTouchを横にすると写真も横になりますからね。そしてつまんだりのばしたりして写真を自在に拡大縮小もできますし、アプリを入れれば小さいながらもフォトフレームとしても活用可能。写真を見るにはかなりいい感じのものかもしれません。

しかし楽しさはそれ以外の部分。

まずはブラウジング。自宅には無線LANを設定してあるのでパソコンをいちいち立ち上げなくてもある程度のネットができるんです。もちろんネットでも拡大も縮小も自由自在なので小さい画面でもほとんどストレス無し。地図もスムーズにスクロールできますし、文字情報も好きな大きさで見ることができてとても便利。flashを再生できないのは残念ですが、それ以外の部分では小さい画面ながらパソコンとはそんなに遜色がないレベルだったかもしれません。しかも画面のキャプチャーを撮ってネット画面をすぐにメモ的に保存できるので、ネットで集めた情報をあとで画像として見るのも自由自在。というのも無線LANは町中ではそんなにできる場所は多くないですからね(あっても有料か登録制)。なので自宅でネット、外では画像として見るという方法がかなり便利です。特に旅行時などはネットで時刻表や乗り換え案内を調べてその画面を保存し、外出先でそれを画像として見るって感じにするとかなり便利かと思います。

他は数多いアプリ。無料アプリも多くて、天気予報をすぐに見ることができるアプリや(要ネット)、潮の干満情報など海遊びに便利なものも数多いです。その他には私はあまりやらないのですがゲームも多いらしいです。もちろん無料のゲームも多く、携帯でやるゲームに比べても処理速度も速いですし何より画面が大きいので臨場感もひとしお。PSPとかDSに近いイメージになるかな?しかも無料ゲームが多いので、これは簡易的なゲーム機としてはかなりのものかも?中でも加速度センサーを利用したゲームも多く、ボウリングもTouchを振って球を投げるものもありましたからね。他にもいろいろ加速度センサーを利用したものはあるとは思いますが、いかんせんゲームにあまり興味がないのであとはよく分かりません。実際にダウンロードしたアプリはそのボウリング以外だとパズルばかりでしたからね。

他にもメモ帳、スケジュール帳としても利用可能ですし、アプリ次第では様々な機能が使えるかもしれません。もはや携帯音楽プレイヤーを越えて高機能電子手帳みたいな感覚で使えるかもしれません。でも私自身、昔は電子手帳を使っていましたがあまりに使いにくかったために長続きはしませんでしたが、このTouchは別。操作もかなり楽しいですし、気軽に使える感覚が良いですね。

もはや音楽プレイヤーとして以外で使う機会が多いです。

日々の生活で「ひらめきメモ」「備忘録」「スケジュール管理」として使っていますし、何よりネットがすぐできるのが良いですね。できればエクセル的なものもオフラインで使えると言うこと無いのですが、アプリはあるものの有料だしその有料の中でもかなり高いですからね。できれば家計簿をこのTouchでつけたかったのですが、我が家の家計簿はエクセルでかなり高度な計算をさせていますので、表計算ソフトがあっても移植は無理かな?

なので今後はPCとこのTouchをうまく使い分けて行きたいと思います。


そんなこんなで最初は仕方なく買ったiPod Touchでしたが、実際は想像以上の使い勝手の良さに驚き。値段がもう少し安ければよかったのですが、今のところ費用対効果は十分ありそうな気がします。

強いて言えばタッチセンサーなのでとにかく画面への指紋の付着がすごいことかな?あと裏面もステンレスの鏡面仕上げなので手あかがモロ残ります。なので定期的に磨くか或いはカバーを付けないとかなり厳しいかもしれませんね。手あかだらけのTouchを人に見せるのはちょっとね。


なのであとはTouch用のカバーを買うことかな?


とりあえずフォトフレームとしてはかなりの出費になりましたが、それ以上の機能で大満足だった今回のお買い物かと思います。あとは町中でネットが無料でできるスポットを探すことかな〜?マクドナルドも空港も有料だしな〜。

楽天で「iPod touch 16GB MB531J/A(中古)」の詳細を見る/購入する
楽天で「iPod touch」を検索する
楽天で「中古 iPod touch」を検索する
楽天で「デジタルフォトフレーム」を検索する
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:39 | デジカメ・デジタル機器

高倍率ズームデジカメ「DMC-TZ7」

DMC-TZ7ついに買いました!高倍率ズームがあるデジカメ。

パナソニック「DMC-TZ7」

実を言うとこのパナのデジカメはTZ3ぐらいの頃からずっと欲しかったのですが、その時期は高倍率デジカメよりも防水デジカメが優先だったので、なかなか手が出せずにいました。しかも防水デジカメを使い始める前はオリンパスのウルトラズームという高倍率デジカメも使っていて、まさにやっと昔のような写真がこれで撮れると思いましたよ。ちなみにそのオリオンパスの高倍率ズームデジカメは見事に壊れました。手を滑らせてレンズから落下。でも自分で分解して修理し、その後1年ぐらいは使いましたがさすがに限界が来てしまいましたけどね。

そして今回のルミックス購入。

というのも防水デジカメがあまりに故障するので、最近はその防水デジカメにディカパックを装着したダブル防水にしたために逆に全く故障がなくなりましたからね。なので防水デジカメの心配が要らなくなった分、今回の高倍率デジカメの購入に踏み出せた感じです。

それと普段使用しているIXYも3年近く使っていてかなりボロが出てきていますからね。先日の旅行中も「静止画〜動画〜再生」のモード変更ボタンが全く機能しなくなりましたし(幸い静止画だったので撮影はどうにかできました)、またたまにレンズが引っ込まないで出っぱなしの時もありますからね。そういう意味でも通常使用のデジカメも怪しくなってきたので、その代替機としても今回のルミックス購入を考えた次第です。

でも初のルミックス。初のパナ製。使い勝手とかかなり心配でした。
(今までのデジカメ:SONY・Canon・CASIO・OLYMPUS・PENTAX)

まぁ最近のデジカメはそんなに難しいものは多くないですし、操作方法もかなり統一されてきましたからね。その点、デジカメの場合はそんなに気になりませんでした。要は撮影できればいいだけですからね。あまりシーン撮影モードは使わないもので(オートかマニュアルのみ)。

案の定、マニュアルを読まなくても難なく使えました。

ちなみにこのTZ7。高倍率といってもなんと12倍。しかも通常が25mmと超広角。通常が35mmで昨今の広角デジカメでも28mmが一般的なので、この25mmはかなりの広角。あと基本的に1000万画素のデジカメなんですが、私はいつも300万画素まで落としており、その場合の光学ズームはなんと21倍まで可能!

・・・そこまでの望遠はいらないけど^^;

でも高倍率の望遠は今まで撮影できなかったものまで自由にできるようになりますし、それにこの広角。室内外でも利用価値はかなりありそうです。特に夕陽は朝日は望遠で拡大するとめちゃくちゃきれいな写真がとれますからね〜。通常の風景に関してはアングルそのままがいいですが、太陽などの光が入るものの場合はズームした方がいい雰囲気になりますからね。

ちなみに画質はまだなんとも言えませんが、ライカのレンズですからね〜。期待したいですね。


しかし望遠機能がアップした代わりにデジカメのサイズはかなり大きくなって、ポケットの中に入れておく感じではなくなりましたね。IXYはとても小さいのでいつもポケットに入れていましたし、電源を入れてから撮影するまでのタイムラグが少なくてとても便利でしたが、このルミックスはポケットに入れておくサイズじゃないし、また撮影できるまでのタイムラグがややあるので、即座に撮る感じではありませんからね。

そういう意味ではIXYとTZ7は今後使い分けるといいかな?

・・・でも離島旅行で泳ぐ際はプラス防水デジカメになっちゃうので3台持っての旅行は辛いですけどね。


とりあえずメインは2009年の夏休み期間中のみお台場で公開されている実物大ガンダムの撮影のためですからね。ガンダム全体像だけじゃなく、パーツや関節部分なども細部に撮影できればと思います。

楽天で「Panasonic LUMIX DMC-TZ7 シルバー」の詳細を見る/購入する
楽天で「DMC-TZ7」を検索する
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:38 | デジカメ・デジタル機器

特殊なスニーカー「XA プロ 3D ウルトラ GTX」を購入

XA プロ 3D ウルトラ GTXこのスニーカーを見ただけで何に使うものか分かる方はかなりのものです。マラソンシューズに比べると形がかなりごっつくて重さもほぼ倍ぐらいあるこの靴。

サロモンの「XA プロ 3D ウルトラ GTX」といいます。

まぁ型番を見ただけでは買った私自身でさえなんの商品かも分かりませんが、メーカーが「サロモン」ということである程度のことが分かるかもしれません。沖縄に行き始める前はこのメーカーの商品にはよくお世話になっていましたからね。逆に沖縄へ行き始めてからはここの商品には全くお世話にならなくなってしまった感じかもしれません。

沖縄では必要があまりないもの。沖縄にはあまり無い場所で使うもの。

「トレイルランニングシューズ」

正式にはこの靴のカテゴリーはこう言います。要は山や自然豊かな悪路で履くシューズということ。登山シューズとジョギングシューズの中間的な位置づけでしょうか?外側は固めでかなり丈夫にできていますが、インナーは足にフィットする感じでかなり歩きやすいです。先日の「ナイキフリー」ほどの履き心地ではないですが、素材がハードなものにも関わらずフィット感はなかなかいい感じのシューズです。

でも町中で履くにはかなり大きな靴なので夏場にはそんなに適さないかもしれませんが、もちろん今回はこの靴の本来の目的を果たすために購入したのでありました。

「登山」

最近、離島で山登りをよくするようになってきて、その楽しさにはまりつつあったのですが、いかんせん登山靴は普段履きにはならないしあまりにごっつすぎるので、いいシューズは無いかと探していたところ、スポーツショップの小さな一角に「トレイルランニング」なるコーナーを発見!ほんの数足程度でしたがラインナップされていました。

ちなみにこのトレイルランニングとは山道を走ること。

とはいうものの、山道で本格的なランニングをする気はなく、あくまで登山のために使う予定で買いました。さすがに沖縄には山が少ないですが、奄美方面まで足を伸ばせば山も多いので楽しめますし、また本土帰郷の際もこの靴があればいろいろな場所を楽しめるかと思いましたからね。本来はケーブルカーやロープウエイや車で行くようなところに自力で行くってこともできますし、また日帰りで行ける山へ登るにもこの靴なら「いかにも登山」って感じじゃないので気軽に行けるかと思います。

今まではランニングシューズしか興味なかったので、こういう山用のランニングシューズがあるとは知りませんでしたのでかなり驚きました。でもランニングシューズ以外の靴も欲しかったので、たまにはこういう用途が限定されるシューズも良いかな?って思いまして。

といってもこのトレイルランニングシューズは見た目は普通のスニーカーなので、実際の所普段履きにも活用できますけどね。しかもサロモンという町中ではあまりメジャーじゃないメーカーなので、同じ靴を履いている人と遭遇することもないですからね。

ちなみに色は派手目のオレンジ。というのも他はシルバー、黒などの重い色と迷彩しかなかったので、結果的にこれになった感じかな?でも最近のお気に入りの色は赤とかオレンジとかの暖色系だったので、色的には気に入っている方です。洋服が白や黒や紺色や茶色といった落ち着いたものが多いので、靴はできるだけ彩度の高いものを履くようにしています。


っという感じで今回買ったサロモンのトレイルランニングシューズ。果たして実際はどんな場面で使うのでしょう?詳細は日々の生活や小旅行を綴った「離島ブログ」でわかると思いますので、それがアップされる日までご期待下さい。


楽天で「SALOMON XA プロ 3D ウルトラ GTX」の詳細を見る/購入する
楽天で「XA プロ 3D ウルトラ GTX」を検索する
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:36 | スポーツ用品