ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2009年06月07日

寝室廻りは無印良品で!

新居紹介「ベッド廻り」まずは一番最初に整理が終わった寝室からご紹介。といっても写真のアングル以外の部分は見せられない(片づけていない)だけなんですが、それでもきちんと寝ることは出来る状態になっています^^v


以前はダークブラウンを基調としたカラーで統一していたのですが、新居の色合いがかなり明るい印象だったのでそれに合わせてシーツなども麻色を基調としたものにしてみました(素材はコットンですが)。もちろんシーツは無印良品で10%オフで購入!ちなみに枕は本土の時から使っているテンピュールですがすでに反発無し(笑)。単なるスポンジのような状態になってしまいましたが、まぁ形が慣れているので他の物よりこれが良いかな?って思って使っています。

そしてベッドは新しく買ったもので、これまた無印良品です。でも昔はベッドに関してはあまり関心が無く、一般的なボンネルコイル(スプリング同士が繋がっているタイプ)のベッドでしたが、今回はポケットコイル(スプリング1個1個が独立しているタイプ)のものにしてみました。そしたら寝心地がめっちゃ良い!それもそのはず、ボンネルだと1ヶ所に体重をかけると周辺の他のスプリングも一緒に伸縮しちゃうのですが、ポケットだとその部分のみ伸縮するので横になったときのフィット感がかなりいい感じ。

もちろん通販でお馴染みのトゥルースリーパー(笑)のような低反発ものの方がフィット感は良いのかもしれませんが、正直低反発だと逆にフィットしすぎてなんか気持ちが悪かったのです。でもこのポケットコイルだと堅さもフィット感もあるので寝るにはいい感じでしたよ。

でも同じポケットコイルでもメーカーや販売元によってその質は雲泥の差でしたね。どこのメーカーか分かりませんが沖縄の家具屋で売られていた物、ニトリで売られていたもの、そして無印良品のものなどいくつか実際に横になってみたのですがダントツで無印のものご良かったです。やっぱりベッドとソファは実際に座ったり寝てみないとわかりませんね。

ちなみにポケットコイルの値段はマットのみ或いは足つきマットという状態でシングルで3万円前後って感じ。ボンネルコイルは1万円前後なのでかなり割高ですが、まぁシモンズなどに比べればまだまだ安いですけどね。なので寝心地にちょっとだけこだわる方にはこの無印のポケットコイルベッドはおすすめかな〜?って思いますよ。今のところまだ数回しか寝ていませんが(まだ引っ越したばかりなので)、今のところ寝起きもすっきりですし変な違和感もなく過ごせています。

あと布団も無印のものですが、まぁ沖縄で掛け布団を使う時期はホントに限られますからね。ほとんど毛布かタオルケットで十分で、夏シーズンはタオルケット無しで寝ることもしばしば^^ゞ

なのでこの写真のような布団がかかっているベッドの光景はあとわずかかな?4月以降はもう掛け布団はしまっちゃいますからね〜。


そんなわけで今回は新居の寝室をご紹介しました。南部郊外の家はたたみ部屋ばかりだったので自分でじゅうたんを買ってきて敷いていたので、今回のようなフローリング(もどき)のインテリアだと全く雰囲気が変わりますね。まぁ今回も全般的にナチュラルウッド調では統一していますが、全体的に明るくなるようにこの寝室はこーでねーとした次第です^^v

とりあえず部屋全体はプライバシーの関係で紹介できませんが(笑)、ベッドなどの個別部分という感じで徐々に紹介していければと思います。ちなみにマラソンシーズン中に大変お世話になった体脂肪計もちらりと写っていますね^^ゞ(最近は暴飲暴食しすぎで乗るのが怖いですが・・・)


<今回のインテリアで使ったもの>
無印良品ポケットコイル脚付きマットレス(新規購入)
無印良品布団カバー(新規購入)ボックスシーツ(新規購入)枕カバー(新規購入)
無印良品羽毛布団
オムロン体脂肪計「カラダスキャン」
無印良品ガラステーブルライト
・ベッドサードテーブル(折りたたみチェアで代用)
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:52 | インテリア・家具

伸縮キッチンカウンター

本来はあまり家具は買わずに組み立て家具のパーツを買って自分で組み立てることが多いのですが、今回はもしかして初めてかもしれませんが、完成家具を購入することにしました。

っというのも今回はキッチン廻りにスライド式の炊飯器やポットを置く棚が欲しかったのと、軽食程度ができたりキッチンでの下ごしらえ程度ならできるようなカウンターも欲しかったんです。というのも沖縄の住宅ではキッチンが独立したものが少なくて、今回のようにダイニングキッチンとして1部屋になっているものが多いんです。なのでそのダイニングなどの空間とキッチンを分ける意味でもそのキッチンカウンターが欲しいな〜って思っていました。今まではその間に組み立て家具を自分でデザインして組み立てていたのですが、その組み立て家具は南部郊外の家に置いてきてしまったので、今回はいろいろな完成家具を探していました。

しかし希望にあったものはとても少なくて、キッチンカウンターとしては収納があるだけでカウンターテーブルまでセットになったものはほとんど有りませんでした。最後の方ではキッチンカウンターを買って自分でカウンターテーブル用に天版を買ってきて取り付けようかとさえ思っていました。正直最後の方はその方向でかなり考えていました。

でもネットでいろいろ探しているときにふとこんなものを発見。

伸縮キッチンカウンター


ビジュアル検索で探していたのでまさに「コレ!」って感じのものでしたよ。しかもこのキッチンカウンターはそのカウンター部分が自由自在に動く優れもの。使わないときは収納部分に格納し、使うときだけ取り出してテーブルとして活用する感じ。しかもそのテーブルにはキャスターが付いていて、そのテーブルを前後左右に自由に動かせるんです。収納部分を起点にダイニング側にもキッチン側にも動かせるので、軽食をとるときにはダイニング側に、料理をする際はキッチン側に動かせばいろいろ活用できそうなんです。

ちょーーー便利o^o^o

すぐに気に入ってしまい即注文。しかし完成家具だけあってかなりの大物だったので到着まで注文からも含めると1週間以上かかりましたからね。でも組み立ててあるので到着して開梱すればすぐに使えるのが嬉しいところ。まぁ今後の引越で解体できないのでちょっと心配ですが^^;


ちなみに写真の置くにある白い固まりはこれまた今回新規購入した無印の冷蔵庫でその手前にあるものがトースターです。未だに電子レンジは購入予定はありません(冷凍食品は一切食べないので)。そしてこのキッチンカウンターの中に収納されているポットは以前から持っているものでしたが、炊飯器はかなり良いものに買い換えました!なのでその冷蔵庫と炊飯器についてはまた別の機会にご紹介したいと思います。


それにしてもこのキッチンカウンターの収納力は素晴らしくて、この家具が到着するや否や一気に片づけが進みましたよ。さすがにまだテーブルなどにはものが散乱していますが、とりあえずダンボールは全て片づきましたよ^^v

今後は細かい調整や整理整頓をして少しずつご紹介できればと思います。まぁその細かい整理が一番大変で時間がかかるんですけどね〜。例えばゴミ置き場とか(リサイクルなど種類分けが多いですからね〜)。

でもこのキッチンカウンターのおかげで片づけも一気に進みそうな予感がします(笑)。


<今回紹介したもの>
伸縮キッチンカウンター
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:51 | インテリア・家具

自転車「DAHON Matrix」&サイクルトレーナー

自転車コーナー正直、あまり広い部屋は好きじゃないのでその空いた空間を埋めるためにリビングの一部に今回は自転車コーナーを設けました。もちろん自転車は以前このブログでも紹介したDAHON製。夏に買ったものの、夏場はあまりに暑くて乗る機会が無く、そして秋以降はマラソンシーズンに入っちゃったのでランニングがメインになってしまい乗る機会がすっかり無くなってしまいました。

でも那覇に移動してからは乗る機会も増えるかと思いますが、でも折りたたみも持っているので近距離移動はどうしてもその折りたたみがメインになっちゃっています。なのでこのDAHONの自転車は長距離でどこかへ出かけるときは使用しますが、それ以外はこうして家に飾っておく感じかな?DAHONの自転車なのでなかなかデザインもいい感じなので、インテリアとしてもなかなかかと思います。

けどよぉ〜く見ると、後輪部分になんか余計なものが設置されているのに気づきませんか?一見、自転車をディスプレイするためのものに見えますがそれにしてはかなりごっついですよね。

ご存じの方はすぐに分かると思いますが、これは俗に言う「サイクルトレーナー」という機器で、これを付けておくと室内でも自転車トレーニングもできる優れものなんです。負荷もコントローラーで調整できますので、まさに屋外を走っているような感覚を屋内でも味わえるという感じです。

でも屋内なので風を切ったり景色を見たりするのは難しいですけどね^^;

その代わりに扇風機を置いたり、窓に向いて自転車を置いたりして実際に室内でも運動が出来るようにしています。

・・・でもまだ1回ぐらいしか使ったことは有りませんが^^ゞ(しかも南部郊外の家で)

正直、マラソントレーニングで使おうと思って買ったのですが、自転車トレーニングだとランニング時に使う部分と違う箇所が鍛えられるようで、自転車トレーニングのあとにランニングすると普段痛くない部分が痛くなっていて逆にトレーニングに支障が出てきてしまうことが判明(T_T)。結果買ったはいいけどマラソンシーズン中は全く使用できませんでした。

でもマラソンシーズンも終わった今後は特に天気の不安定な梅雨時期なんかに使うのも良いかもしれませんね。っていうか最初はそのつもりでしたが、実際に部屋に置いてみるとなかなかインテリアとしてもいい感じなのでなんかこのまま飾っておくだけでも良いかも?なんて思ったりして。

ちなみにこのサイクルトレーナーは安いものだとかなりの振動と騒音が出てしまい、近隣に迷惑を掛けてしまいますが、今回導入した物はその騒音や振動をかなり考慮しましたので、その点はそんなに問題ないと思います。もちろん早朝とか深夜に使うことは絶対無いですけどね。

とりあえず南部郊外の家ではテレビも窓からの景色もない部屋に置いてあったので全く使いませんでしたが、今回は思いっきりリビングに置いていますので、窓からの景色も望めますし、何より横目になりますがテレビも見ながらトレーニングもできますからね〜。そういえばこのサイクルトレーナーを買った直後に「小栗旬」が「笑っていいとも」に出演していてこのサイクルトレーナーを使っているって話をしていましたね。

ちょっと嬉しかったです。

なのでこのサイクルトレーナーはそんなにマイナーでもないのかな?なんて思ったりもしていますが、いかんせんまだ全然使っていない・・・。それに調整が結構面倒で、一度はまればあとはそのままで何度も使えるのですが、引越などで一度外すとまた調整が大変なので、まぁ実際に新居で使うのはそのうちってことで・・・^^ゞ


<今回紹介したもの>
サイクルトレーナー(一覧)
DAHONの自転車(一覧)
レトロ扇風機
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:49 | スポーツ用品

冷蔵庫「M-R25B」&炊飯器「JKE-A550TG」

冷蔵庫&炊飯器■冷蔵庫

今回の引越で新しく購入したもので最も大きかったかもしれません。この冷蔵庫は。値段に関しては他のものでこれ以上のものもありましたが、その大きさではこの冷蔵庫が一番大きかったかと思います。

あこがれの3ドア以上の冷蔵庫♪

正直、今まで2ドアの比較的コンパクトな冷蔵庫しか使ったことが無く、基本「自炊」の私には毎回冷蔵庫の中をパズルのように整理しないと物が入らないくらいに冷蔵庫の中がパンパンでした。特に野菜はかさばるので毎回頭を悩ませていました。

ホント、野菜室が別になった3ドア以上の冷蔵庫に憧れていました。

そして今回。本土に居たときからずっと使っていた冷蔵庫を南部郊外に置いてきたのでいよいよ那覇の新居では新しい冷蔵庫を購入できる環境になりました。もちろん3ドア以上の冷蔵庫が希望!!!でも3ドアより多いものは正直背が高すぎてインテリアとして威圧感があるんですよね。でも3ドアなら物によっては視線より低い冷蔵庫もあるのでそのコンパクトな3ドア冷蔵庫をいろいろ探すこととしました。

でも冷蔵庫って最近は白く無いんですね。白物家電と言われていたのに逆に白いものが少ないこと少ないこと。今回は白を基調とした家電が欲しかったので、ホントに困りましたよ。性能的には「これ!」ってものもあったのですが、いかんせん色が銀色だったりクリーム色だったり、もうちょっとどうにからないの?ってぐらいの色合い。シンプルなものが好きな私には全く好みに合いませんでした。

そんな中、困ったときには無印良品(笑)。もともとここの3ドア冷蔵庫はシンプルでサイズもちょうど良いので候補には考えていましたが、いかんせんこの冷蔵庫は発売されてからかなりの年数が経過していて、性能が古い可能性があったのです。でもデザイン的には好みだったのでかなり迷っていました。なにせ年間電気代が新しいものと無印のものとでは2割ぐらい違いましたからね。その点が一番引っかかっていました。

でも毎日ずっと見ることになる冷蔵庫。そして購入を迷っていたときに開催された「無印良品週間」。やっぱり初心完徹で無印良品の3ドア冷蔵庫に決めちゃいました。

無印良品の3ドア冷蔵庫

まずはデザイン。もう言うことありません。シンプルなものが好きな私にはこういうデザインはかなりいい感じ。しかも取っ手が家電に良くありがちなごつごつした感じが無くてシンプルで良いですね。あと一番気に入ったのは一番上の冷蔵室を開けるとその下にある野菜室との間が透明になっていて、冷蔵室からも野菜室の中をのぞけるところ。これは買ってみて初めて知りましたよ。そういえば他に検討していた冷蔵庫は冷蔵室のすぐ下は冷凍庫だったような気がしましたので、そういう意味でもホントに初心完徹にして良かったと心から思いました。でもやっぱり機能的な古さはちょっとあって、定期的に冷蔵庫の騒音がかなりあるんですよね。まぁ気にならない程度かもしれませんが、すごく静かな環境では気になる人もいるかもしれませんね。幸い今回の那覇宅は市街地なのでもともと外はそんなに静かじゃないので逆にその冷蔵庫の音も気にならないのかもしれません(南部郊外の家だと気になるかも?)。

ちなみに冷蔵室から野菜室が独立したので冷蔵室は今のところ余裕があっていい感じ。しかし野菜室の利便性がとても良いので野菜室が常に満杯状態。野菜室は引き出し式なので器ものとかも入れやすいのでついつい野菜室に入れることが多くなってしまいますね。逆に冷凍庫はほぼ空っぽ。電子レンジを未だに必要と感じない私なので冷凍食品は皆無ですので、アイスや氷を入れる以外に冷凍庫の必要性が無いんです。まぁ夏場はその「アイス」をストックするために一役買ってもらいたいですけどね。なにせ南部郊外の家では一番近いコンビニまでも車で5〜10分かかってその間に一部溶けちゃいましたが、今回は那覇市街なのでアイスを買ってもすぐに持ち帰れますからね。なので冷凍庫は夏場に活躍してもらうこととします^^v

あと高さが1.5mしかない冷蔵庫なので置こうと思えば冷蔵庫の上にトースターを置いてもよかったのですが、でも先日アップしたようなキッチンカウンターを購入してそこに置くスペースが十二分にありましたので今回は置きませんでした。その代わりに冷蔵庫の上にはパンやお菓子などのすぐに取り出したい食品ストックを置くようにしましたよ。そのためにまたしても無印のブリ材バスケットを購入しましたからね。っていうか以前から使っているものの方が多いですが、そのバスケットにお菓子やパンなどを分けて収納しています。高さ1.5mならちょうどいい感じで手が届きますからね。冷蔵庫は背が低い方がいろいろ便利ですね〜。

ちなみにこの冷蔵庫は先日記事に書いたキッチンカウンターと並列に並べてキッチンとダイニングを分ける「間仕切り」的にレイアウトしています。なのでダイニング側に冷蔵庫の背面がモロに露出してしまっています。でもその背面を隠すために無印でレースのカーテンを1枚だけ買ってきてカバーしています。冷蔵庫の背面にちょうどいい感じの取っ手があって、その取っ手にカーテンフックを引っかけているので特に特殊なことをしないでもカーテンを掛けることができました。このカーテンの生地ってカーテン以外のものにもいろいろ利用できるんですよね〜。今回のように目隠し的に使用したり、フックやブリーツを取り除いて1枚布にしてパソコンやテレビのカバーにしたりなどなど。生地1枚で買うと高いのにカーテンだと2枚セットなどで格安だし、加えて種類も素材も多いですからね。最近はこのカーテンの別利用はホントにいろいろ活用しています^^v


そんなわけで冷蔵庫は無印のものを購入し、なかなか充実したキッチンライフを行えています。ホント、今まで冷蔵庫はかなり苦労していましたからね〜。そういう意味でも今回のこの冷蔵庫の新規購入はキッチンライフのストレスをかなり軽減してくれていると思います。



■炊飯器

次はその冷蔵庫の手前にちょこっとだけ映っている「炊飯器」の話。当初は炊飯器を購入する予定は無かったのですが、別の用事で電気屋へ行った際に興味本位で炊飯器コーナーへ行ってしまったのが運の尽き(笑)。とある炊飯器に興味を持ってしまいました。

タイガー 土鍋IH炊飯ジャー

まずこの「土鍋」ってところにも興味はありますが実際はそれほどでも無かったんですけどね。最も興味が湧いたのが「おこげができる」というところに一番惹かれました(笑)。

基本的にパンよりお米が大好きなんですが、なかでもこの「おこげ」が特に大好き。でも最近は自宅もさることながら旅行で行った際の宿でもほとんどが電気炊飯ジャーなのでなかなかこの「おこげ」が頂けませんでした。この「おこげ」というのはガス炊飯器のような火力が強い炊飯器じゃないとなかなかできませんからね。でも今回目にとまった炊飯ジャーはその火力がとても強いらしく、電気式でも「おこげ」ができるといううたい文句。

即決!でも購入はネットで(笑)。

なにせこの炊飯ジャーは定価が8万円弱もするんですよね〜。そして沖縄の家電量販店だと安くても4万円前後。しかしネットで探すと3万円ちょっとで収まるのでやっぱり家電はネットで買うのが一番ですね。でもネットだと長期保証はなかなか付けられないですが、家電に関してはそんなに故障も無いですからね。しかも今回見つけたショップも沖縄でも送料無料だったのでいつも悩まされる送料の件もクリアしていましたからね。

それでも今まで炊飯器は1万円台のものしか買ったことがなかったので定価の半額以下の3万円台でもやっぱり高いですけどね。

でも「笑っていいとも」の過去の放送を振り返る番組を見ていて、テレフォンショッキングで「炊飯器は高いものの方が美味しく炊きあがる」という話題があったのを思い出してお米好きの私なのも相まって今回はチャレンジしてみることとしました。

しかしデザインがなして銀色・・・(T_T)

白色が希望だったのですが、最近の炊飯ジャーはメタリックカラーが多いんですね。まぁ今回は炊飯器を買ってもキッチンカウンターの中に収納しちゃうのでインテリアとして露出することはないので、カラーについては我慢しました。それより機能性が重要ですからね。「おこげ」が食べたい!の一心で購入してしまいました。

そして商品が到着。タイミング良くキッチンカウンターを設置した後に商品が到着したのですぐにカウンター下部のスライドラック部分に設置しました。

今回の炊飯器は高機能ではあるものの設定はそんなに難しくなく、時刻も設定済みだったので通常の他の炊飯器と同様の操作でOKでした。強いて言えば炊飯予約時に「火力」を3段階で選べるのでその火力次第でお焦げの度合いが決まるようでした。弱でかすかな「おこげ」、中でほど良い「おこげ」、強でしっかりとして「おこげ」って感じで設定ができるようでした。なので最初はその「中」で予約してみました。さぁどんな感じに炊きあがるか?

翌日。ワクワクしながら炊飯器をオープン。炊きあがったお米を混ぜてみると・・・お焦げないじゃん(T_T)。強いて言えばどうにかあるかな?って程度でとても「ほど良いおこげ」とは言い難いものでしたよ。ちょっとがっかり。でもまだ「強」が残っているので次回はその「強」を試してみることとしました。

それにしても炊きあがり状態はやっぱり良い炊飯器だけあって今までと全然違いますね。お米は全く同じ物を使用していたのですが、炊飯器を変えるだけでここまで炊きあがりが違うか!ってぐらいのレベルでしたよ。やっぱり炊飯器の値段の差ってあるんですね。以前の1万円ちょっとの炊飯器だとなんかお米の張りが無くてべちゃべちゃした感じがあったのですが、この新しい炊飯器だとまさに「お米が立つ」ってくらいにしっかり炊きあがっていました。個人的にも固めのお米が好きなので今回の炊きあがりはまさにベスト!あとは「おこげ」がうまく付けば言うことなしって感じでしたよ。

そして翌日。火力を「強」にして炊きあげてみたところ、ついに「おこげ」が付いていました!これだよ!これ!って感じで朝からハイテンションになっちゃいましたね。でもガス炊飯器のような完全に茶色いお焦げって感じではなくあくまで「ほど良いおこげ」程度でしたけどね。まぁ茶色い「おこげ」ができると言うことは逆に強すぎということかもしれませんので、安全性を考えると今回の「ほど良いおこげ」程度になっちゃうんでしょうね。でも「強」ならお焦げがしっかりできていますので、今後は常に火力を「強」にして炊きあげたいと思います。

でも気になるのが最近はまっている炊飯器調理。カボチャを蒸す際もこの火力を「強」にしていいものかと悩んでしまいました。お米をとるカボチャをとるか悩みましたが、まぁ効率は悪くなりますが今後はお米とカボチャを一緒に炊くのは止めて、個別に炊飯器で調理しようと思います。まぁそれくらいは仕方ないかな?それ以上に「おこげ」も含めた炊きあがりの良さは抜群でしたので、今後は毎日「おこげ」付きのご飯をいただこうと思います^^v


ちなみにその炊飯器の上にある白い物体は以前からあったトースターです。これも無印です。っていうか無印のトースターが一般的なメーカーのトースターより安かったですからね。なのでデザインよりも価格で無印のトースターにした次第です。炊飯器に関しても無印からもIHものはありましたが、やっぱり機能性はいまいちですからね。なのでこの写真の中では炊飯器だけ別メーカーでデザイン的にはイマイチですが、でもそれを上回る機能性があるので我慢することとします。


そういう訳で、今回のキッチン家電では炊飯器と冷蔵庫を買い換えましたが、どちらもかなりの大満足。デザインを優先した冷蔵庫と逆に機能性を優先した炊飯器でしたが、どちらも大正解でしたよ。やっぱり「食」の充実は生活そのものを充実させますよね〜。あまり家電にはお金をかけない私でしたが、今回はいろいろ投資をしてホントによかったと思います。

でも電子レンジは未だに欲しいと思いませんけどね〜^^ゞ

強いて言えば、グラタンが食べられないことぐらいかな〜?グラタンは最近ほとんどが「電子レンジ専用」となっていて、トースターでできるものは現在ほとんど売っていませんからね。その「グラタン」を食べたいがために電子レンジを買うのもしゃくなのでとりあえず電子レンジは今回もパスってことになりました。


でも未だにコンビニやスーパーなどで自分で電子レンジを操作するお店で使い方が分からなくて右往左往しています^^;


<今回紹介したもの>
無印良品の3ドア冷蔵庫
無印の他に検討していたサンヨーの3ドア冷蔵庫
・ブリ材バスケット 
タイガー 土鍋IH炊飯ジャー
無印のトースター
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:41 | 生活家電・調理機器

ドラム式洗濯乾燥機「ES-V200」

ドラム式洗濯乾燥機実を言うと洗濯機は一人暮らしを始めてからずっと同じものを使っていて相当古かったです。でも基本的にまだ使えるものを破棄したり買い換えたりすることはほとんど無く、故障して動かなくなるまで家電などは使い続けています。今回もその年期物の洗濯機(一応2層式ではなく全自動)ですが南部郊外の家では未だに現役です。しかも2007年の台風直撃で屋外に置いてあった洗濯機は多大な被害を受けたものの、運良く破壊された蓋も飛ばされることなくキレイに洗濯槽に収まっていたので、その後は自分で蓋を修理して使い続けていました。

でもホントはその台風による破損を気に最近流行の「ドラム式」に買い換えたかったのですが、いかせん南部郊外の家は洗濯機を屋外に置く古い作りの家だったのでなかなか踏み出せないでいました。

今回はその南部の家(洗濯機)をそのままにして那覇へ移動したので、今回はさすがに新しく洗濯機を購入することとしました。もちろん流行もの好きな私なのでドラム式を選択!冬場などとかく晴天率の低い沖縄なので今回は大奮発して乾燥機能付きのドラム式を購入することとしました!


しかしドラム式洗濯乾燥機はめっちゃ高い!!!

今まで洗濯機を購入することを全く考えてなかったので価格帯がどの程度かまったく知りませんでしたので、その価格の高さにはまさに驚き。だって洗濯機だけなら2〜3万円で変えるし、個別に乾燥機を買っても10万円は越えませんからね。なのにこのドラム式の洗濯乾燥機は基本10万円以上。しかもボトムがその10万円台で平均的には10万円台後半。ものによっては20万円を越えるものもありますからね。中には30万円近いものも・・・

原チャリ1台買えちゃう値段です^^ゞ

正直、10万円前後で買えるとばかり思っていたのでいきなりつまずきました。でもとりあえず10万円以下は諦めて最低でも10万円代前半のものを探し始めました。ちなみに一番安かったのはサンヨーのものなんですが、いかんせんデザインがコインランドリーみたいでイマイチ。やっぱりドラム式と言えばデザインもなかなかいい感じのものが多いので、やっぱりデザインもこだわりたいと思いましたしね。

そんな中、値段も手頃なものがシャープから発売されているものを発見!

シャープのドラム式洗濯乾燥機・ES-V200

サンヨーのものはドラムの蓋が小さくて頼りなかったのですが、このシャープのものは蓋も大きくてかなり使いやすそう。しかもデザインがシャープらしくなかなかいい感じ。色が緑系しかないのでちょっと残念でしたが(その他の色は上位機種しかなかった)、でもデザインは十分に満足できるものなのでこれならOK!って感じでしたよ。でもさすがに値段は10万円を切りませんでしたが、楽天のポイントが3万円分ぐらい貯まっていましたので、それを使うと目標の10万未満にすることができました。

他にもそのポイントを使って10万未満にすることができるものもあるかと思って探したのですが、あるのはデザインがイマイチなサンヨー製のものとこのシャープのものだけでした。

結果、このシャープの洗濯乾燥機に決定!


しかーーーし!洗濯乾燥機は大型家電。沖縄在住だと送料の面でなかなか厳しいショップが多いんです。でもそんな沖縄の強い味方が楽天にはあるのです。ここ最近はサイズの大きいものは沖縄でも送料が無料になるこのネットショップをメインに使っています。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
イーベストPC・家電館

ホント、この2つのショップは沖縄に住んでからかなりお世話になっています。どちらもどんな商品でも1万円以上購入すると沖縄でも送料無料!しかも1万円以下でも沖縄だけ特別高い送料になることはない全国一律送料なのでホントに助かります。しかもこの2つのショップは値段をかなり競争しているようで、楽天の中でもカード決済可能なショップではかなり安い部類に入ると思います。

沖縄以外でも送料が大都市圏に比べて高くなるエリアにお住まいの方は、まぢでこの2つのショップはオススメですよ。しかもイーベストは基本的に「ベスト電器」のネットショップなので安心です。もう片方のJoshinこと上新電機は大阪の会社ですが楽天の中でもかなり満足度が上位に入る会社らしいですからね。

なので信頼性のうえでもこの2つのショップはなかなかいい感じかと思います。

今回もこの2つをメインに検討していたのですが、最初は2社ともに価格が一緒で決めかねていたのですが、この3月の引越シーズン近くになるとJoshinさんが値下げに踏み切ってきたので「即決」になっちゃいました。価格comではもっと安い会社もあるかもしれませんが、送料やカード決済を考えると楽天さんのこの2社が多少の値段が高くてもトータルでは安くなりそうですからね。なにせ10万円もカード決済すると楽天ポイントも1300円分ぐらい付くし(ポイント利用分も付きます)、JALカードで決済しているので1000マイルも付きますからね。まぁ10万円の出費は大きいですが、このために今まで貯金をしてきましたからね。そういうわけで今回は清水の舞台から飛び降りるつもりでドラム式洗濯乾燥機を購入した次第です。


そして商品が到着。正直、予想以上にでかかったです。一般的な洗濯機と比べて一回り大きい感じかな?しかしこの後、ショッキングな出来事が待ち受けているとは予想出来ませんでした・・・


脱衣室の扉より洗濯乾燥機が大きい(T_T)


・・・入らないじゃん!!!かなり焦りました。我が家の脱衣室は廊下と引き戸になっているのでその引き代分、開口が狭かったのです。なので元建築家ということもあって、その引き代を限界まで少なくするためにその引き戸の一部を分解してどうにかより多く開口が開くように試みてみました。そして限界まで広げられるようにして業者に方に搬入してもらおうとしてもらったのですがそれでも入らない(ToT)。

そんなことってあるの〜?

設計者の立場として、洗濯機が入らないような扉を設けること自体あり得ない!!!しかもそんなに古い物件ではないのでドラム式の洗濯乾燥機が無い時代でもなかっただろし、ホントにホントに焦りました。でもここで私の頭の中でひらめきが。

向きを変えればいいのでは?

・・・余裕で入りました(笑)。っていうかその幅の違いぐらい、搬入業者が気づけよ〜!って感じですけどね。当初は洗濯機を横向きで搬入しようとしていたのですがドラムの扉部分が引っかかって入らなかったのですが、洗濯機を後ろ向きにして入れたら意外と幅が小さくてすんなり入りました。でもその引き代は元のままだとやっぱり入らなかったので、自分で分解して正解でしたけどね^^;

つまりのこと「引いてもダメなら押してみろ」って感じですね^^ゞ

「縦でダメなら横で」って感じで発想をもう少し柔らかくすればもう少し焦らないで済んだかと思います。


そんなこんなで搬入時にはかなり焦りましたが、無事に脱衣室の洗濯機パン(置き場)に設置することが出来ました。扉もきちんと開きますしスペースもそんなに問題ない感じでした。なにより嬉しかったのがドラム式なので洗濯機の上の部分が空いていて、ものを置いたり出来ることですね。最初の設計時は脱衣室にスチールラックでも買って収納部分を作ろうと思っていましたが、これならそれは必要ないかな?って感じです。

でもすでにラタン系(自然素材系)の箱をいくつか置いていますけどね^^;

これは南部郊外の頃からずっと使っている洗濯アイテムボックスなので洗濯機の上に置いても良いのですが、使い勝手を考えるとこの場所になりました。この場所に置いてもドラム式なので扉は全開にしなくても使えますので使用勝手としては全然問題有りませんでしたよ^^v


そういうわけで我が家にもようやくドラム式洗濯乾燥機が設置できて利用できる状態になりました^^v


ちなみに最初に南部郊外の家で使っていたシーツを持ってきたので、シーツは干すのも大変なので早速洗濯乾燥機能を使ってみることとしました。しかし洗濯乾燥モードはめっちゃ時間がかかりますね。3時間待ち・・・^^;。まぁ乾燥するのに時間がかかるので仕方ないのですが、でも洗濯機を回して3時間も待つのはちょっとね〜。それに電気代もかかりますので、とりあえず乾燥機能は湿気が多い時期や天気がイマイチなときの緊急対応や今回のシーツのような干すのが大変なものを洗うときのみに使おうと思いました。

でも乾燥機能が有るのと無いのとでは洗濯するタイミングを考えなくていいので助かりますね。

あと今まで全自動の普通の洗濯機を使っていましたので洗剤を入れるタイミングは洗濯物を入れた直後に上から放り込めば良かったのですが、ドラム式の場合はその洗剤の入れ方が全く理解できなかったので最初は戸惑いましたよ。もしかしてドラムの中に洗剤を洗濯物と一緒に放り込むの?とさえ思っちゃいました。でもドラム漕がどう考えても洗剤を入れるような感じになっていないのでさすがにマニュアルを読みました。すると・・・

洗濯機に洗剤投入口という部分がドラム漕とは別の場所にあるのを発見!しかも洗濯物を入れてスタートボタンを押すと洗濯物の量を判別して必要な洗剤の量を表示してくれるんですね。その際に洗剤をその投入口に入れればあとはまさに自動運転。

いや〜。有る意味カルチャーショックです(笑)。っていうか10年以上も同じ洗濯機しか使ったことがなかったのでそりゃ10年も経てば時代も変わっていますよね。そういう意味でも今回洗濯機を買い換えて時代錯誤にならなくて良かったかもしれません。だって今回の経験がなかったら離島旅行とかして宿の洗濯機がドラム式だったらかなり戸惑っていましたからね〜^^ゞ


そう考えるとこの10万円の出費もまぁいいかな?って前向きに考えています。とりあえずこれで普通の人に追いついた!って感じかと思います(笑)。地デジも最近追いつきましたしね(笑)・・・まぁ地デジは自分のケアレスミスで見れなかっただけなんですけどね〜^^ゞ


引越っていろいろ大変だけど良い意味でステップアップできる経験もできるので良いですね^^v


<今回紹介したもの>
Joshin「シャープのドラム式洗濯乾燥機・ES-V200」
イーベスト「シャープのドラム式洗濯乾燥機・ES-V200」
無印良品のラタンボックス

<今回ドラム式洗濯乾燥機を検討・購入したショップ>
Joshin web 家電とPCの大型専門店
イーベストPC・家電館
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:40 | 生活家電・調理機器

薄型大画面TV「SONY BRAVIA KDL-46F1」

液晶テレビ3月の引越で最も期待していたのでこのテレビコーナーです。でもオーディオもラックもHDDレコーダーも南部郊外から持ってきたので一見変わり映えがないようですが、一番大きく変わったのがその中央にある「テ・レ・ビ」♪

ついに我が家も大画面化に至りました^^v

もちろん地デジ対応です(笑)。今回はしっかり最初から地デジを見れるようにしています^^ゞ

ちなみにテレビ下のラック。左はネット関連の機材。右はDVDなどのソフト類。中央にオーディオ本体とウーファーとHDDレコーダーを設置しています。スピーカーは超薄型なのでテレビの脇にちょこっと置いてあります。まぁオーディオは大したものじゃないのでスピーカーは2つしかありませんけどね^^;



詳しい話は後ほどにして、この地デジ対応の薄型大画面テレビを購入した矢先にみなさんもご存じかと思いますがこんなニュースが流れましたね。
アナログテレビを国が1台2万円で買取?

おいおいおいおいおいおい〜!既に地デジ対応テレビを買ってしまった人はどうなるんだよう〜?

まぁ既に買ってしまった人のためにも助成金みたいな形で買取時と同じような金額をくれるという話もありますが、でもアナログテレビを処分する際にこちらはお金を払って業者に引き取ってもらっているんですよ。なのに未だにアナログを使っている人は処分代をとられないばかりはお金をもらえるなんて・・・(T_T)。

地デジ対応にいち早く移行した人は割りが悪くて、対応が遅かった人には割が良い政策・・・なんなんでしょうね〜?この政策。

しかも買い取ったアナログテレビは国はどうするんでしょうね。チューナーさえ入れればまだ使えるテレビなのに・・・。リサイクルというかリユースという意味で環境のことを一切考えていない政策と言わざるを得ないですね。加えて一番徳をするのが沢山のアナログテレビの在庫を抱えたリサイクル業者ですよね〜。今や売るに売れないアナログテレビを国が1台2万円で買い取ってくれるんですよね(理論的には)。引き取り時は二束三文(っていうか引取料をもらっているはず)だったものが1台2万円になるとはまさに「ボロ儲け」ですよね。まぁそんなうまい話にならないようにいろいろ制約が出てくるとは思いますが・・・。

でもこういう安直な発想。まさに定額給付金と同じレベル(低いレベル)の発想です。っていうかその財源どこにあるんだよ〜。その財源があるならそのアナログテレビを所有している人のために地デジチューナーを無償で配ればいいじゃん!その方が環境には優しいと思いますよ。アナログテレビを破棄しなくて済みますので。現在の高速道路1000円均一化のETCと同じように期間限定でチューナーを配れば(安価で売れば)いいじゃん!!!

・・・特に名前は挙げませんがこの政党ってお金をばらまく発想しかないんですね。もう少し環境のこととかばらまくことによって波及する他の要素についても考えて欲しいと願うばかりです(;o;)

って思って記事を書いていたらこのニュースの翌日にこのニュース。
アナログテレビ買い取り案、一夜で白紙撤回

・・・アホですね。このアナログテレビ買い取りを言い始めた政治家は。こんなことをやっているから政治不信になるんですよね。支持率の低下も。まぁ元々の案自体が無茶苦茶だったのでない方がマシと思いますので白紙になって良かったと思います。



そんなこんなでせっかく買った地デジ対応薄型大画面テレビもなんか興ざめって感じになっちゃいましたけどね。まぁ今回はかなり画面がインチアップしたのでテレビ環境はかなり変わったと思います。いままではBSデジタルなどのデータ放送を見るとメイン画面が小さすぎてなんだか分かりませんでしたからね〜。でもこれだけ大画面になるとデータ放送を受信しても十分見ることができますからね。先日のWBCもデータ放送でスコアや打順なども常に表示できるのが嬉しかったです。

ちなみに今回のテレビ購入はこの引越で最も大きな出費。新しいテレビがずっと欲しかったのですがずっと我慢していましたからね〜。そして今回の引越という良いきっかけで購入まで至ることができましたよ。しかも値段もかなり落ちてきていてお手頃価格までとはいきませんががんばれば買ってもいいかな?ってレベルまで下がりましたからね。


でもね、当初は定番のシャープの「アクオス」を購入する予定でしたが結局我が家はソニーになっちゃいました。我が家のHDDレコーダーもシャープだったので本来はシャープの方が良かったのですが、いかんせんシャープのデザインが重すぎて好きになれませんでした。かなりの上位機種にならないとシンプルなデザインのものがアクオスにはなかったので、液晶画面の品質はアクオスの方が良いかもしれませんが、正直並べない限りはその違いは分かりませんのでデザイン優先でソニーにしちゃいました。

それにいろいろな店舗の店員さんに聞いた限りも「シャープは画面は良いけど音がイマイチ」とか「液晶そのものはシャープもソニーもそんなに変わらない」との話。それなら値段とデザインで決めちゃった方がいいかな?って思いました。要は「アクオスブランド」にとらわれないこと。それだけでもかなりの選択の幅は広がりましたからね。


でも実際に検討したのはやっぱりシャープの「アクオス」とソニーの「ブラビア」の2ブランドだけでしたけどね。

ちなみに画面サイズは当初は37インチで考えていましたが、実際にいろいろ検討してみると42インチでも予算内に収まることが判明。でもソニーだと42インチはなく、あるのはその下の40インチかその上の46インチになっちゃいます。さすがに46インチだと値段が・・・

でもシャープの安いシリーズだと46インチでも予算内に収まるものもあったのですが、いかんせん機能性がイマイチ満足できる物ではありませんでした。いわゆる「安かろう〜○○かろう〜」って感じ。そういう意味で全機種通してブラビアは機能性が高いんですよね〜。でも一番狙っていた42インチがないのが辛かったです。ちなみにアクオスのその安いシリーズだと52インチでも予算にこそ収まらないものの2〜3万円出費すれば購入できたものもあったのですが、逆に50インチを超えるとインテリア的にかなり邪魔^^;

なので今回は50インチを超えるものは検討には入れずに考えてみました。


しかしここでもネットのすごさをまた知ることになりました^^v


当初は長期保証や運搬なども考慮して家電量販店をメインに価格を調査していたのですが、42インチだとどうにか予算に収まるものもあったのですがいかんせんシャープしかありませんでした。ブラビアの40インチは予算にこそ収まりそうなもののやっぱり42インチ以上が欲しかったですからね。46インチになると家電量販店では予算オーバーも度を超えた額になることもしばしば。ネットでも軽く探すと家電量販店より安いもののやっぱり予算内に収まるものはなかなか見つかりませんでした。軽く探す程度だと・・・

そこでネットで1日かけていろいろ探してみると、あれよあれよとお買い得価格のものが目白押し。特に機種を決め打ちすると予算内に収まりそうなものもいろいろ見つかってきましたよ。

どの機種にするかは実際の店舗で実物を見て、気に入ったものの品番をメモって自宅で検索。するとその店舗よりもなんと3割以上安く購入できるお店を発見!もちろん危ないお店ではなくそれなりに信頼できるショップでの話ですがそれでもその価格差。


ネットショップってホントにすごいですね。


もちろん長期保証はネットショップだとあまりありませんが、気になる送料についても先日の洗濯機同様に沖縄でも薄型大画面で無料になるショップもありましたからね。なので送料負担の心配をせずに購入できるショップもあるので、ネットの方がいろいろ検討できて良いですね。

最近はすっかり家電関連はネットで買う習慣になりつつありますよ。申し訳ないですが実際の店舗は実物を見るだけで購入はネットで!って感じが定番になりつつあります。とかく競争があまりなく横並びの沖縄のお店だとネットの方が選択肢も広くていろいろ検討できますからね。何より価格が1〜3割はネットの方が安いですからね〜。

しかもその薄型大画面テレビの価格はこの年末から3月にかけて大暴落。というのも昨今の経済不況で年末セールでテレビが全く売れなかったらしいんです。加えて3月あたりに各メーカーが新製品を導入するので旧モデルの価格はさらに暴落。新旧モデルは機能的にはいろいろ向上しているのかもしれませんが液晶画面そのものはそんなに変わっていないのが現実でしたからね〜。


なのでこの2〜3月はかなり狙い目だったのかもしれませんね。


今回購入まで至った機種も探し始めた1月と購入した2月末とを比べると価格が15%ぐらい下がっていましたからね。それに比べて家電量販店の価格はほとんど下がっていませんでしたので、その差は最終的に3割以上も開いた訳なんです。額が額だけにこの3割の差はものすごいおおきいですよね。なので2月中旬を超えると既に購入したい機種は決まりつつあったので、もはやリアルの店舗で購入する可能性はほぼ「0」になっていましたよ。

長期保証は確かに魅力でしたが、その価格差があまりに大きくなってしまったので今回もまたネットで購入することとなりました^^v


ちなみに今回購入したテレビはこれ!
SONY BRAVIA KDL-46F1(46型)


でもね。この記事を書く際に価格を再び見たのですが3月に入ってまた値上がりしているじゃん!価格が下がる前の年末年始頃の価格に戻っていて(上がっていて)びっくり!まさにその2月に購入したのは正解だったんですね〜。それでもリアルの店舗よりはまだまだ2割近く安かったですけどね^^;

ちなみに今回も購入検討したのは信頼性があって送料が沖縄でも無料と言うことでまたこの2社。
Joshin web 家電とPCの大型専門店
イーベストPC・家電館

沖縄で大型家電を購入する際はホントにこの2社の「1万円以上なら沖縄でも送料無料」ってのが嬉しいですね。ホント、最近家電やオーディオ関連やデジカメなどをネットで買う場合はこの2社で買う機会がとても増えましたよ。まぁ本土の方は他にも送料無料のところは多いと思いますが、さすがに沖縄でも送料無料のところはそんなに無いので、この2社はとても助かります。


ってことでついに我が家にもいわゆる「薄型大画面テレビ」がやってくることとなりました^^v


ちなみにテレビに関しては問題なく自宅へ搬入できました(笑)。なにせ薄型なので洗濯機のようなな「部屋に入らない!」ってことはありませんでしたよ。しかも開梱後の資材も持ち帰ってくれましたので設置まではかなり楽でしたね。

しかし問題はその後の配線^^;

相変わらずこの配線には毎度のことながら四苦八苦しますからね。っていうかコードが多すぎ!!!って感じです。しかもそのコードが最初からテレビに添付されていれば良いですが、付いていたのは同軸ケーブル1本のみ。BSと地上波を分ける分波器もないですし分波するということは同軸ケーブルも足りない。他にもHDDレコーダーと接続するための配線も必要ですし・・・

ホント、テレビって添付されているケーブル類だけで見れるってことはマレですからね。確かに各家庭によってアンテナ環境は違うと思いますし買い換えの場合は前に使っていたものをそのまま流用できるかもしれませんが、せめて分波器と同軸ケーブルを2本ぐらいは付けて欲しいですよね〜。


なので実際にテレビが到着しても見れるようにするまでに家電量販店まで1往復。HDDレコーダーを接続するまでにもう1往復。合計2往復するはめに^^;

でも今回は地上波アナログは捨てたのでそのアナログを見れるようにする配線分は要らなかったので多少は買うものが少なく済みましたけどね。それでも同軸ケーブル3本、分波器1個、音声ケーブル1本を新たに買う羽目になってしまい、合計すると結構な出費でしたからね。もちろんテレビ本体への出費よりは少ないですが、あとからじわじわくる出費だっただけにダメージは大きかったです。


そしてそのコード類を目の前にしてうなだれる私(笑)。


配線だけは苦手です。マニュアル読んでもさっぱりわかりません。っていうかテレビやオーディオの背面にコネクタ多すぎ!!!このコネクタを全部使う人っているの?ってぐらい多いですからね。正直、AV関連はかなりうといのでローマ字とかカタカナの表記はさっぱりわかりませんが、とりあえず「見れれば良い」という状態にだけこぎ着けようと思いました。なのでHDDレコーダーとオーディオとのテレビ接続は最初の段階ではペンディング。まずはテレビを見れるようにすることだけを考えて配線をがんばりました。

でもテレビだけなら意外と簡単。要は電源をつないで、BS/地上波混合アンテナ口に分波器を取り付けて、分波されたBSと地上波のコネクタへ個々に同軸ケーブルを差し込んでその先をテレビの個々のコネクタに接続するだけ。それだけでOKだったので見れるまでは楽でしたけどね。


問題はその後でしたけどね^^;


オーディオはテレビ側からアウトとオーディオ側のインのコネクタの形状が異なっていて戸惑い、さらにHDDレコーダーとテレビとの接続にはさらに四苦八苦。やれ「テレビへ」やら「テレビから」などの微妙な表現の違いだけのコネクタがあったり、映像と音声は別のケーブルでないとつなげなかったりして、「何本コードが要るんだよ!」って感じでしたよ。

加えてアンテナはテレビ側にBSと地上波の2系統しかないのに、HDDレコーダー側はBS、地上波デジタル、地上波アナログの3系統もあって訳が分からない状態に(涙)。結局地上波アナログを捨てれば2系統同士になってOKってことが判明。どうにかアンテナ系は接続完了。

しかし問題はHDDレコーダーの映像はテレビに行くのに音声が行っていないみたい。今回は光接続端子があったので音声を光で接続してみても全く音が鳴らない。よく見るとテレビもHDDレコーダーも両方とも「光出力」。そりゃ出力同士をつないでも音は出ませんよね。なので今度はよくある赤と白のコネクタで接続してみるも、受け側のテレビにあまりのその系統のコネクタが多くてどこに差し込んで良いかさっぱり分かりませんでした。

赤と白のコネクタだらけ・・・

もはやこの時点でパニクっていましたのでマニュアルを読むことさえ忘れていました。

結局、ありとあらゆるコネクタに差し込んでみて「音が鳴れば正解」というアナログな方法でどうにか接続完了。でもあまりにアバウトな接続だったので「ホントにHDDレコーダーに録画できるの?」って不安は残っていましたけどね。まだ確認していませんが・・・^^ゞ


そんなこんなでどうにか接続はできたものの、そのテレビやHDDレコーダーの背後には配線コードの山。正直どれがどのコードか分からない状態。なので今後新しい何かを接続することはほぼ不可能な状態になっているかも?まぁこれら以外に何かを接続することはほぼ無いかと思いますけどね。幸い、LAN関連はこのテレビの近くに通信機器を設置してあったのでLANケーブルはテレビに簡単接続済み。それだけでも助かりましたよ。さすがにAV系配線は苦手でもネット関連の配線は多少は得意ですのでどうにかなりましたよ。

LANケーブルを1本つなぐだけでしたが^^;

最近のテレビはネットもできますからね〜。まぁあくまでテレビなのでパソコンのような自由度はあまり無いですけどね。

ちなみに今回買ったテレビはアクトビラというテレビでインターネットができる機能があるので、制限は多いもののブラウジング(HPなどを見ること)はできますからね。でもとりあえず自分のホムペを見てみるものの、表示が無茶苦茶遅かったですけど一応閲覧はできました。まぁパソコンじゃないから仕方ないですけどね。なのでテレビで自由にブラウジングは多分ほとんどしないと思いますが、アクトビラで最適化されたものぐらいは見れそうですけどね。

あとこのテレビにはアプリキャストと呼ばれる機能があって、テレビ閲覧時にデータ放送のようなサブ画面を自由に表示させることができ、そこにYahooトピックスとか天気予報とかを表示させることができるんですよね。これは助かります。でも実際の所最初は使いましたが今はもう使っていません。なにせリビングにノートPCがあるのであえてテレビで見る必要はありませんからね〜^^ゞ。リビングにPCが無い場合は多少は活用できると思いますが制限が多いのでPCでのネットになれちゃうとちょっと不便に感じる部分も多いかもしれません。


ってことでテレビでネットする機能はほぼ使わないかも?メインはテレビとそれに伴うデータ放送だけかな〜?あと地デジになったので番組表はホントに重宝しますね。我が家は新聞はとっていないのでテレビ番組を調べるにはパソコンで確認するか、携帯で確認するしかありませんでしたからね。どちらもテレビを見る際に常に近くにある訳じゃないので、地デジやBSデジタルの番組表はとても重宝しますね。

でもそれだけかな〜?新しくしてメリットを感じたのは^^;

あっ、そうそう。今回のリモコンは赤外線ではなく全方向の無線型なのでリモコンの向きを考えないでOKなのが良いですね。手に持ってテレビに向けなくてもOKなのが楽ですね。

もちろん画面が大きくなったことやデータ放送を見ながらテレビも見れるようになったのは大きいですが、それ以外の様々な機能は正直多すぎて訳が分からないのが現実。テレビの設定画面なんか見るとメニューの多さに酔っちゃいそうですからね。でもとりあえずマニュアルはどこかへしまわないで常にリビングに置いておくようにはします。あまりにいろいろな機能がありすぎてマニュアルが常に近くにないとかなり厳しいですからね。


しばらくはマニュアル片手に機能を一つ一つクリアすることになりそうです。でも実際は「テレビが見れればOK」と割り切って他の機能を追求しない可能性の方が高いかも?


まぁ最近の家電やAV関連はそんなもんでしょう。使いこなせまへん^^ゞ


<今回紹介したもの>
SONY BRAVIA KDL-46F1(46型)
SONY以外に検討した製品・シャープ LC-42DS5W
SONY以外に検討した製品・シャープ LC-46EX5
SONY以外に検討した製品・シャープ LC-52EX5
以前から持っていたティアック製iPod Dock搭載CDサウンドシステム MC-DX32IA
・AVラックにしている無印良品のコの字家具 幅70cm幅35cm
ちらっと手前に写っている無印良品の空気清浄機
ちらっとテレビ下に写っている無印良品の時計

<今回薄型大画面テレビを検討・購入したショップ>
Joshin web 家電とPCの大型専門店
イーベストPC・家電館
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:14 | デジカメ・デジタル機器

2009年06月01日

ナイキフリー3.0 2

ナイキフリー3.0 2早速、この週末のスポーツDEPO「ナイキシューズ購入特典」を得るために買った「ナイキフリー」を履いてみました。

ちなみにこのシューズ自体は定価が12600円でしたがスポーツDEPOの場合はだいたい10%オフ。それにプラスしてナイキシューズ購入額が1万円以上だったので500円の割引券を2枚、プラス5000円以上購入だとものに関係なく500円の割引券がもらえるので、合計1500円分の割引券をgetしました。

・・・まぁその割引券は7月20日までしか使えませんけどね。

よって12600円の10%オフの「11340円」で買いましたが、割引券が1500円分もらえたので、今後他の商品を購入する前提だと「9840円」ということになりますよね。ネットでも同じ10%オフぐらいしかないので、今回はリアルで買った方がお得と判断した次第です。

でも今回のナイキフリーはランニングには使用できない、あくまで普段履きの靴なので、それにしてはちょっと高かったかな?まぁ実際に履いてみてその価格の価値は十二分にあると判断して今回は購入した次第です。


というのもこの「ナイキフリー3.0 2」はとにかく軽い!一般的なシューズが片足250g〜300gぐらいで、ランニングシューズでも200gぐらいが一般的。本格的なマラソンシューズになってようやく200gを切って180gとかになるんですが、このフリーはなんと180gしかないんです。持った感じもとても軽かったです。でもマラソンシューズなどはクッション性を最小限にしたりして軽量化を図っているのですが、このナイキフリーはクッション性も抜群。

反面、ランニングのようなハードな使用には耐えられないという印象も否めません。シューズ全体の強度があまり高くないですし、またクッション性が良すぎるのでハードなランニング向きじゃないというのが印象でした。

ちなみにこの「3.0」という数値は、「0」が素足で「10」がいかにも靴!って感じの指標ということでこの「ナイキフリー3.0」はより素足に近いということらしいです。確かに履いてみると素足っていうか足袋を履いているような感覚の靴でしたね。良い意味で。それに加えてかかとのクッション性が十分あるので歩くのもかなり楽に感じましたね。


とりあえず1時間履いて歩いてみた感覚はかなりいい感じでしたよ。でもナイキのシューズってもともとつま先が狭いものが多いのですが、このフリーはさらに狭くてサイズを間違えるとかなり履きにくいかもしれません。実際、今回購入したサイズも通常の1cmも大きいものを買いましたからね。マラソンシューズも通常のサイズの5mm〜10mmは大きいものを推奨しますが、このフリーに関しては10mm〜15mmぐらい大きいものがちょうど良いかと思います。

なので今回はその+10mmにしたおかげでつま先に閉塞感もありませんでしたし、とにかく足に対するフィット感がいい靴でしたね。それとかかとから踏み込むのが楽しくなるクッション性。あと靴のソール(裏)が曲がりやすい構造になっているので、蹴り出したとき足の形への靴の追随性もとても良いですね。要はつま先を上げればシューズもそれに合わせて曲がってくれる感じです。通常のシューズはどうしてもソールが固く追随性は低いですからね。

そういう意味でもこのフリーは素足に近い感覚を味わうことができるのかもしれません。でもこういう素足感覚のシューズにありがちな靴の裏の「薄さ」感覚はあまりありませんでしたよ。そういう意味で歩きやジョギングに特化すればとても良いシューズかな?って思います。この値段の価値は十二分にあったな〜って思いましたよ。

しかもデザインがシンプルで好みだったし♪


ってことでこの「ナイキフリー3.0 2」はランニングにはおすすめできませんが、長時間散歩する方やジョギングを楽しみたい方にはおすすめかもしれませんね。でもこのフリーのソールは小石が挟まりやすい構造なので、アスファルトや舗装された遊歩道を歩く(走る)のにおすすめかな?砂地や砂利道は避けた方が良いかもしれませんね。

あと同じ「ナイキフリー」の中でも「5.0」とか「エブリデイ」とかもありますが、いろいろ履いてみた結果、この「3.0」が一番素足感覚に近いこともあって快適でしたね。

あとはデザイン次第かな?


とりあえずハードなランニングを前提にしない方にはなかなかおすすめのシューズかもしれませんよ。問題は耐久性かもしれませんがそれはしばらく履いてみて判断するしかないですね。


「ナイキフリー3.0 2」を楽天市場で購入3.0 2を検索
「ナイキフリー5.0 V4」を楽天市場で購入5.0 V4を検索
「ナイキフリーエブリデイ+」を楽天市場で購入エブリデイを検索
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:00 | スポーツ用品