ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2008年02月18日

トラベルウォシュレット

■沖縄の民宿などにはウォシュレットが少ない!
離島旅行などで民宿などに宿泊する際にいつも困るのがトイレ。未だに和式しかないところも多いですし、様式でもウォシュレットを設置してあるところもかなり少なく、普段ウォシュレットに慣れている人はかなり困るかと思います。離島や沖縄にはじまった話ではなく、本土の温泉旅館やちょっと古いビジネスホテルでもウォシュレットが無いところもまだまだ多いかと思います。あと住まいでも3点ユニットバスだと構造上ウォシュレットが設置できないものもあるかと思います。

そんな中、こんなのあったらいいなーって思って何気なく「携帯+ウォシュレット」でネット検索してみたらやっぱりありました!しかも本家のTOTOが出しているまさに「トラベルウォシュレット」。今まで離島旅行などでウォシュレットが無くて苦しんでいたので、何で探さなかったんだろう?って思いましたよ。しかもかなり以前からあったみたいです。

でもこのトラベルウォシュレットってどんなお店で売っているの?って感じですけどね。家電量販店でもなかなかこの小さいものを売っていないような気がしますし、トイレ関連の電化製品ってウォシュレット系など大きなもの以外はあまり売っていないんですよね。まさにネット様々って感じです。


■ネットで探すと最安で5000円台!
ちなみにこの「トラベルウォシュレット」は定価で11550円と思ったほど高くなかったです。でもネットだとかなり安く販売していて、amazonでも7500円前後、楽天だと5250円という半額以下で販売していました。でもamazonは送料込みの値段なので、楽天の場合は1万円未満の商品は送料別の場合が多いので、送料の安いところを探すこととします。

Amazon (7556円・送料込)
楽天 快適水空館 5250円+送料全国一律630円)
楽天 まいどDIY (5250円+送料沖縄1020円)
楽天 ペンギン堂 (5320円+送料全国一律500円)

Amazonは論外として、あとの3つはかなり微妙な感じでした。快適水空館は送料込みで5880円、まいどDIYは送料込みで6270円、ペンギン堂は5820円とわずか60円差でトップ。でも何となく快適水空館はトイレ用品専門店なので信頼できるから60円高くてもここで購入することとしました。他にも価格比較サイトでいろいろチェックしてみましたが、なかなか送料別でも6000円を切るところは少なかったので、やっぱり最近のネットショッピングの傾向かと思いますが、楽天さんが一番安いみたいですね。しかも購入すると楽天スーパーポイントが1%ですが付きますし。

ということで、今回は快適水空館で購入することとなりました。


■とにかく小さい!トラベルウォシュレット
今回購入した快適水空館さんは、土日休みみたいで、金曜の夜にネットから購入したのですが、返事は月曜になってからでした。まぁこれは仕方ないかな。でもその後の手配は早かったです。月曜日に返信があって、その2日後には商品が到着しました(沖縄なので中1日空きます)。

到着して驚いたのがその商品の小ささ。梱包された状態でその小ささを感じるぐらいだったので、実際に梱包を開けてみるとその小ささに驚かされました。確かにこのトラベルウォシュレットは携帯できるように小さく収納することができることは知っていましたが、ここまで小さいとは驚きました。CDと並べてみてもその小ささは歴然かと思います。これならどんな旅行にも携帯するのは苦にならないですね。でも水を噴射する機構のせいで重さはややずっしりとした感じがありましたが、これは仕方ないでしょう。それでも電池を入れても250gしかないので、ロング缶のコーヒー1本(ジョージアなど)と同じぐらいでした。

ちなみに商品はトラベルウォシュレット本体、単3電池1本、携帯用ポーチ、取説が付いています。


■効率的に伸び縮みするトラベルウォシュレット
あまりの小ささに驚きつつも、これで本当に大丈夫かな?って不安もありましたが、このトラベルウォシュレットは本体が伸び縮みして、伸びて空いたスペースに水や温水を入れるという優れもの。なので使わないときはコンパクトに、使うときは大きくなるのでとても効率的かと思います。またノズルももちろん折りたたんであって、使用時には延ばして使うって感じになると思います。ですのでこんなに携帯時はコンパクトでも、使用時は大きくなるので、小ささによる不安は全然なさそうです。

最初はちょっとこの「伸び縮み」機構の使い勝手に戸惑いますが、取説をきちんと読んで伸び縮みさせれば全然気になりませんでした。機能的なところもコンパクトなので多くは望みませんが、最低限の機能は付いているようでした。シャワーも強・弱の2種類があるので、好みに合わせることができました。


■実際にトラベルウォシュレットを使ってみると
このトラベルウォシュレットは本体を伸ばしたらまずはシャワー部分の反対側にある吸水口に水を入れます。でもこの吸水口は本体が長いので、底の浅い洗面台などではちょっと給水しにくいかもしれません。キッチンなどの水栓がかなり上の位置にある場合は問題ないですが、トイレのロータンクにある水栓や手洗いの水栓などではちょっと水が入れにくいかもしれません。その場合は本体を斜めにして給水すると良いのですが、そうすると多少給水量が減っちゃうので、多く水が欲しい方はトイレ以外で給水してから使うと良いでしょう。ちなみにこの吸水口ならびに伸び縮みさせた本体の防水機構はかなり良くできているので、普通に使えば水漏れはそんなに心配いらないと思います。

水圧自体は確かに便座に固定するウォシュレットに比べると水量も水圧もそんなに無いですが、それでも20秒ぐらい使えるとのことなので、十分じゃないかと思います。もし不十分ならトイレ内のロータンクの水栓などで給水をすれば良いだけですし、これでも十分かと思います。とりあえず1回分って感じの水量かと思います。どうしても水量の少なさが気になる方は、取説にも書いてありましたが予め水を入れたペットボトルを用意して、適宜給水する感じで対応するといいかもしれません。そうすれば最初の洗面台などで入れにくさも解消できますからね。


■トラベルウォシュレットのまとめ
・総評 95点/100点満点中(吸水口を横にすれば言うこと無し)
・評価 離島旅行のみならず出張にも必需品になりそう
・購入を検討したネットショップ
Amazon (7556円・送料込)
快適水空館 5250円+送料全国一律630円)
まいどDIY (5250円+送料沖縄1020円)
ペンギン堂 (5320円+送料全国一律500円)
・実際に購入したお店
 「楽天市場 快適水空館

posted by 離島ドットコム管理人 at 09:02 | 生活家電・調理機器