ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2020年06月15日

コロナではたらくかぞくをもつキミへ。我が家はコロナに助けられるw

coronaaircon20200613183616.jpg



こんな記事がありましたね。なんかほっこり。

でもよくよく考えると、我が家の冷房専用のエアコンがまさに「株式会社コロナ」製品。っていうか今の国産エアコンで、冷房専用機を売っているのは大手メーカーは、コロナだけじゃなかったかな?去年、エアコンを買い換える際にいろいろ調べたものの、冷房専用機で信頼できる製品を売っているのはコロナのみ。他は沖縄では利用しない暖房付きのものばかりですし、冷房専用機があっても訳の分からないメーカーだったりして、結果「コロナの一択」って感じでした。

といっても沖縄でコロナエアコンの印象はとても良く、とにかく壊れにくい。そもそも冷房専用機だと、温冷の切り替えがないのでシステムが単純。この温冷切り替え部分の故障が通常のエアコンでは多いですからね。でも暖房付きエアコンの方が市場流通する数が多いので安く、冷房専用機になると選択肢が少ない分割高。それでも我が家では冷房専用の「コロナ」にこだわりました!

なにせ「プラズマクラスター」で人気の某S社エアコンは以前使っていたものの1年で故障。修理しても翌年故障。我が家のコロナエアコンはまだ2年目ですが、今のところ問題無く稼働できています。そーいえば去年買い換えた際も、それまで使っていて別のメーカーの冷房専用エアコンも、10年以上故障していなかったんじゃないかな?(製品の型番から推測)

沖縄生活でエアコンは冷房専用機に限ります!

そういう意味で、我が家はまさに「コロナに助けられています」。コロナがなければ眠ることさえままなりません(笑)。もちろん「コロナ=株式会社コロナ」ですけどね。コロナウイルス騒動で「コロナ」の名前の印象が悪くなりがちですが、エアコンの「コロナ」だと全く違う印象。もはや沖縄ではコロナは必須の存在ですからね。

株式会社コロナ。ずっと応援します!(冷房専用機を作り続けてね)



posted by 離島ドットコム管理人 at 09:17 | 生活家電・調理機器

2020年06月08日

沖縄では恐怖のゆうパケット!北海道からだと何日後?

yupacket20200606.jpg

週末に何気なく欲しいな〜って思ったアイテムが、まさにそのタイミングでメルカリで出品2時間後のものを発見。

思わずポチってい購入。

デジタルアイテムなので商品そのものでの失敗は少ないものの、買った後に出品元(発送元)を見てイヤな予感。


北海道からゆうパケット



「北海道」が発送元になるのは慣れていますが、問題は後者の「ゆうパケット」。デジタルアイテムなので、サイズがそれなりにあるから「ゆうパック」かと思っていましたが、まさかの小型便の「ゆうパケット」。


沖縄では別名「恐怖のゆうパケット」


その理由はあらゆる配送方法の中で、到着までにかかる時間がワースト1だから。強いて言えば同じ郵政系の「クリックポスト」も同じレベルの遅さですが、利用頻度が低いのでそれほど気にならず。しかし「ゆうパケット」は、メルカリだと小さめの商品はほとんどの人がこれを使うので、何度も何度も痛い目に遭っている次第です。

最速で中5日後(発送から1週間後)。中には中9日もかかったことがあります(発送から11日後)。しかしそれらは本州からの発送の話で、海を2回越える北海道からの発送になると+1〜2日。まぁ特に急ぎのものではないのですが、問題はメルカリシステム。


到着が遅い状態で放置すると強制的に商品が届いたことにされてしまう!


このシステムがとにかく面倒。万が一、詐欺で届かなくても強制的に届いたことにされてしまいます。購入者側から事務局へ連絡すればそれを回避できるものの、いちいちそれをするのが超面倒。何より毎日メルカリ使っているわけではないので、気づかないうちに規定の日数が越えてしまうことも多々あり。


せめて発送元と発送先からこの強制受取判断をシステム化して延長して!


はたして今回もその強制受取判断されてしまう日数になってしまうのでしょうか?到着する日数よりも、このメルカリのシステムに毎回ストレス感じてしまう沖縄ライフです。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 13:46 | デジカメ・デジタル機器

2020年05月25日

カラフルフィッシュ!あの沖縄激安スーパーでまさかの光景

fish20200524082740.jpg

先月オープンした某スーパーに初めて行ってきた!その売り場の一角にこんな光景が!?

そもそもこの系列のスーパーはこういう売り方はせず、必ず切り身にして売る激安系の店舗なのでかなり驚きました。でもよく見ると値札も価格表示もありませんので、「広告的」なコーナーで売り物では無いのかもしれませんね(コロナ時期にこの売り方は普通しませんし)。確かにこの光景は目を惹きますね。ちなみにこのコーナーのすぐ脇には、パックされた切り身も売っていますので、確かに広告効果はばっちり。

それにしても沖縄県民から見ても美味しそうに見えない魚ですね・・・w

ちなみにこの先月オープンしたスーパーですが、実は前に別のスーパーが入っていて、撤退後に居抜きで新しく入ったもの。以前は沖縄でも「体のいい系」のスーパーでしたが、何時行っても客入りが悪く、オープン数年で撤退。スーパーが数年で撤退するのはかなり異例です。そして居抜きで入ったのが、沖縄では「激安系」のスーパーで、食品専門のドンキホーテのイメージ。狭い店舗に所狭しと商品が並ぶスーパーでした。

しかし今回の店舗は「体のいい系」の居抜きもあって、激安系のスーパーとしては無駄に広い。正直、欲しいものがなかなか見つけられず、超買物しにくかったです。このスーパーは狭い方が探す手間を省けるので買物は楽だと思うんですけどね。なので個人的には興味本位で行っただけで、今後は狭い方の店舗に行くことになるかと思います。

そもそも今回の店舗は、なんとわずか800m離れた場所に同じ系列のスーパーがあるんですよね。今回の店舗は無駄に広いので光熱費も高そうですし、そもそも周辺に駅はあるものの、生活に便利なお店は少ないエリア。まぁ同じ施設内に飲食店やドラッグストアが入っていますが、それでも以前のスーパーは数年で撤退しちゃいましたからね。なので今回のスーパーも営業を継続できるかちょっと微妙なところ。

ちなみにこのスーパーが入れ替わった施設は、いわゆる「箱物」。ダイワハウス系です。テナント商法で、入居する店舗に合わせた造りになっていません。

さてさて何年保つか・・・

fish20200524082746.jpg

<居抜きでスーパーが変わった場所はここ>

posted by 離島ドットコム管理人 at 13:20 | 食材・食品・レトルト

2020年05月03日

WF-1000XM3ノイズキャンセリング新アイテム!沖縄選挙前は必須

「沖縄は選挙特区」と全国的にもバカにされるほど、沖縄の選挙関係者の違法活動は酷いものです。「6月7日」に沖縄県議会議員選挙があるのですが、選挙活動が可能な公示が「5月29日」なのにも関わらず、4月初旬から大騒音をばらまく違法選挙カーが沖縄各地で横行。特に那覇市街は悲惨です。特に酷いのが・・・

立憲キャバクラ党「鬼飢無 候補」

4月上旬ぐらいから既に違法選挙カーを至るところで走らせますし、コロナ感染が懸念されるのにも関わらず、集会を開くなど狂った候補者です。女性候補ですが、立憲キャバクラ党なんて沖縄では存在感ゼロ。そもそも沖縄では政党で候補者を決めることはあまりなく、政党名連呼しても何の効果もないと思います(候補者名連呼は公示前でも後でもNG)。

さらに今回酷いのは沖縄では野党になる、国政与党の2つの政党も、違法選挙カーがかなり酷いです。まぁこっちは、立憲キャバクラ党に比べればまだマシですが、それにしても公示の1ヶ月以上前から活発に活動する違法選挙カーはなんなんでしょうね。本気で迷惑なんですが、沖縄の選挙管理委員会は黙認。なんのための選挙管理委員会か理解できない沖縄の選挙です。

しかも今回は夏の選挙なので、以前、選挙騒音対策のために買ったノイズキャンセリングアイテムが使うに使えません。

#SONY #WH-1000XM3



ノイキャン性能はおそらくナンバーワンレベルで、前回の選挙は11月なのもあって大活躍。しかし今回の選挙は梅雨まっただ中の6月。オーバーヘッド型のノイキャンアイテムだと、真夏に耳当てして過ごすようなもので、暑くて使えません。

そこで前回のブログでも書いた、新たな気になるノイキャンアイテムをついに購入!



#SONY #WF-1000XM3

WF1000XM3a.jpg

型番が「WH」なのが「WF」になるだけで全く同じですが。製品は全く異なります。「WH」はオーバーヘッド型なのに対し、「WF」はイヤホン型で、今回はイヤホン型のものを購入したので真夏でも暑くないです。ただオーバーヘッド型に比べて外部音が入りやすいですが、それでも未だにノイキャンイヤホンとしては不動の人気商品。ノイキャン性能は「WH」と同じシステムらしいので信頼もできます。

操作性も「WH」と同じで、右耳のイヤホンをタッチすることで音楽の再生/停止/曲送りができ、左耳のイヤホンをタッチすると音量アップ/長押しすると音量ダウンができます。初期設定だと左耳はノイキャンのオン/オフですが、アプリで設定すれば音量調整が可能になります。

ただし今回のものはイヤホン型もあって電池が6時間しか保たないのが難点。沖縄の違法選挙活動は午前8時から午後8時までの12時間行われるので、半分しか使えません(WHの電池は24時間も保つ)。まぁ1日中必要なものでもないので、集中したいときのみ使用って感じならどうにかなるかな?

そもそも公職選挙法を「まともに守っていれば」、こんな神経を使わないで済むのですが・・・(沖縄の選挙関係者は狂った奴ばかりなので)

楽天市場で購入する
(¥28000前後)

Amazonで購入する
(¥25000前後)

(今回はメルカリで¥16000前後で購入)




WF1000XM3-WH1000XM3.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 11:46 | デジカメ・デジタル機器

2020年03月06日

ドン・キホーテ壺川店3/6オープン!もう二度と無い開店?

donquijotetsubogawa20200306.jpg
3月上旬オープンという話は聞いていましたが、まさか離島の旅から戻った翌日だったとは知りませんでした。

ドン・キホーテ壺川店3/6オープン

那覇には国際通り店があるものの、完全に観光客向けの店舗で、地元民にはあまり利便性がいいお店ではありませんでした。なにせ国際通り店は「元那覇OPA」の居抜きでしたので、設備的にはファッションビル。総菜や弁当などは一切扱っていませんでした。

しかし壺川店は新築店舗なので、確実に厨房などの設備を備えたものとなっているはず。沖縄のドンキホーテは離島の店舗でも総菜などが充実していますからね。中でも「サーターアンダギー」には期待。国際通り店では取り扱っていないので、宜野湾までわざわざ買いに行っていたものが、那覇の壺川店で手に入れば言うことありません。

まずはフロアマップ!

ドン・キホーテ壺川店 フロアマップ

ドン・キホーテ壺川店 フロアマップ

基本的に2階建てですが、1階には地元民には重宝する食品や生活雑貨がメイン。2階にドンキホーテではお馴染みの迷路のような家電や雑貨コーナーなどがある造りになっています。そして注目は沖縄のドンキホーテでは初の試みの「フードコート」。サーターアンダギーや弁当などの総菜もこのフードコートで販売。レジも独立しています。なので飲み物とサーターアンダギーを一緒に会計することができなさそうなのが少々面倒。

さらに宜野湾や宮古島・石垣島では1個「58円」だったサーターアンダギーが、ここでは1個「79円」と2割も高い!ただ宜野湾店などの3月以降の値段をまだ確認していないので分かりませんが、もし壺川店だけ高かったらちょっと考えます。しかも作っているのはフードコートの店舗内で、宜野湾店のような作りたてではなく、作り置きの傾向っぽい。ちょっとサーターアンダギー的には壺川店はやや難点多い印象でした。

ドン・キホーテ壺川店 フードコート

そのフードコートではサーターアンダギーの他にお弁当や総菜が売っていますが、他にも飲食店も入っているようです。
  • 本まぐろ「まぐろ王」
  • 壺ドン食堂「かめ〜かめ〜」
  • ステーキ「頂/いただき」
  • たぴも茶房

ちなみにサーターアンダギーは「かめ〜かめ〜」の厨房で作っているらしく、他にも「てんぷら」総菜もここで作っているようです。しかし、てんぷらもアンダギーも、飲食店カウンターで売っているのか、総菜コーナーで売っているのかわかりにくく、さらに総菜コーナーと飲食店カウンターは別レジ。

訳わかりません!

さらにドンキホーテ壺川店自体は24時間営業ですが、フードコート飲食店は10時半開店とか、その営業時間の区分けもわかりにくいですし、その飲食店が開いていない時間の総菜はどうなるかとか、全般的にわかりにくい!さらにドンキホーテ内で買ったものを、フードコートで食べたら「消費税10%」になるので、レジでの処理も大変そう。

な〜んかこのフードコート。1年ぐらいしたら消えてそうw(わかりにくさと客入りの悪さ)

正直なところ、宜野湾店の方がはるかに買物しやすいし、品揃えも良いし、駐車場とかも使いやすい!でも壺川店ができたら、地元民はもう国際通り店には行く必要は確実になくなりますね。まぁ壺川店も積極的には行かないとは思いますが、壺川を通る機会は多いので、ぶらっと立ち寄ることは多いかな?なにせ近くに中央郵便局がありますし、目の前には奥武山公園がありますからね〜。

ちなみにモノレール「壺川駅」からは徒歩3分ほど。信号が1個あるだけで簡単に行けます。国際通り入口「パレットくもじ」前スクランブル交差点からだと約1km/徒歩12分ぐらいです。奄美方面への船が発着する那覇港ターミナルからも徒歩12分ほどなので、船発着の際も利用できそうです。さらに「24時間営業」なので、那覇港を朝7時に出港する船に乗る前の早朝時間には重宝しそうですね。

(2020年4月追記)
オープン1ヶ月で24時間営業は中止。現在の営業時間は「午前8時-午前3時(08:00-27:00)」となりました。

ドン・キホーテ壺川店 基本情報

  • 【住所】〒900-0025 沖縄県那覇市壺川三丁目2番地1
  • 【電話】098-832-1511
  • 【営業時間】24時間営業→08:00-27:00に変更(2020年4月18日以降)
  • 【定休日】年中無休
  • 【アクセス】
    • モノレール壺川駅から徒歩3分
    • 那覇バスターミナルから徒歩5分
    • 国際通り入口から徒歩12分
    • 那覇港ターミナルから徒歩12分
  • 【ホームページ/チラシ】https://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=598


posted by 離島ドットコム管理人 at 15:24 | 食材・食品・レトルト

2020年01月16日

カルディの半額!業務スーパー「ヘーゼルナッツフレーバーコーヒー」

業務スーパーは沖縄にも複数店舗ありますが、店舗によって品揃えも価格も違うんですよね。那覇近郊だと空港近くの「業務スーパー小禄店」、モノレール古島駅近くの「業務スーパー浦添店」、南風原南IC近くの「業務スーパー南風原店」、糸満埋立地近くの「業務スーパー 糸満店」かな?他にも「業務用食品スーパー」なるまがい物のお店もありますが、本物の業務スーパーだと那覇近郊だとその4店舗になります。

でも店舗によって品揃えは全く異なり、浦添店はお酒メインで食品系はダメダメ。小禄店はお酒系はイマイチだけど生鮮食品もあって食品その他が充実。他の2店舗はバランスは良いけど、品揃えはそこそこの印象です。

結果、お酒には興味が無い私には「小禄店」が一番なんですが、そんな小禄店で、気になる商品を発見!

ヘーゼルナッツフレーバーコーヒー

gyoumuflavarcoffee2020a.jpg


カルディでお馴染みのフレーバーコーヒーですが、同じ容量(50g)で、なんとその価格が・・・

「カルディの半額」

↓カルディ¥429↑業務スーパー¥214



もともとカルディのフレーバーコーヒーは大好きで、毎年買っているものの、この冬の沖縄はあまりに温暖で、ホットコーヒーニーズが低く、買っていませんでした。そこにカルディの半値で売っていれば、買っちゃいますよね〜。

とりあえず2つ購入!!

業務スーパーの商品は「売り切り」が多く、売り切れると二度と手に入らないものが多いので、もっと買おうかと思いましたが、万が一、味がイマイチなのを考慮して、リスクの少ない2本のみにした次第です。

そして早速飲んでみました!

まず風味。まさにカルディと同じヘーゼルナッツの香りが強いです。あの香りが好きで、フレーバーコーヒーを好んで飲んでいるんですよね〜。そういう意味では業務スーパーのものも香りは合格。そして問題の味は、業務スーパーのものはヘーゼルナッツ感こそカルディより弱いものの、コーヒーの苦みはカルディより強め。味自体はやっぱりカルディの方が上でしたが、それでも値段が半分なら業務スーパーのものは合格点だと思います。

しかしこの冬の沖縄。あまりに温暖なので、新しく瓶を開けたはいいけど、50gでも冬シーズン中に飲みきれる自信なし。そもそも他のコーヒーも大量に残っているところに、さらに業務スーパーのフレーバーコーヒーも開けちゃうと、消費しきるのはかなり厳しいかな?まぁアイスコーヒーにすることもできますが、作るのが面倒なのでほとんどホットで飲んでしまいます(アイスコーヒーはペットボトルものを飲みますし)。それでも、カルディの半額であの香りを楽しめるのは魅力。

まぁ本土の業務スーパーならとっくの昔に売っていそうですけどね(笑)。沖縄は本土のニーズがなくなった後に在庫処理的に売られるものが多いもので・・・

でも業務スーパーはホントにおもしろいですよね。ドンキホーテとは違った楽しさがあります。神戸物産でしたっけ?その仕入れ力はホントに凄いです。ちなみに同じヘーゼルナッツフレーバーコーヒーですが、カルディの原産国はインドネシアで、業務スーパーのものの原産国はベトナムとなっています。この仕入れる国がポイントなんでしょうね〜。

ちなみにフレーバーコーヒーの種類は、カルディだと「ヘーゼルナッツ」以外に「バニラ」「キャラメル」「オレンジ」のフレーバーがあったと思いますが、業務スーパーのものは「ヘーゼルナッツ」の他は「バニラ」があるだけでしたね(バニラは少し苦手)。

カルディのフレーバーコーヒーがお好きの方、業務スーパーのものもお試しあれ!





gyoumuflavarcoffee2020b.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 12:44 | 食材・食品・レトルト

2020年01月15日

沖縄でのネットショッピング。1年半ぶり楽天市場で購入w

沖縄でのネットショッピングにはどうしても「送料」がネックになることが多いですが、最近はメルカリならほとんど「送料込み」ですし、そもそも全国一律料金なので、売る方も買う方も安心です。またアマゾンでも、2000円以上なら「送料無料」になる場合が多く、さらにヨドバシカメラやビックカメラなら、100円のものでも「送料無料」ですからね。

それに引き替え、かつてのネットショッピングの代表格だった(過去形)「楽天市場」は、何を買っても送料・送料ですし、さらに複数のショップを横断して購入できないので、3つのものを買うと送料も3つかかる場合も多く超不便。さらに最近は、沖縄だけ「ぼったくり送料」を設定しているショップが多く、半ば沖縄の人を排除している楽天市場。

結果、最後に利用したのはなんと「2018年10月」でした。

今回も楽天でもたまたま送料無料だったので購入しましたが、メルカリで買っても同じ金額でした。でも楽天だとわずかなポイント還元の分だけお得だったので、1年4ヶ月ぶりに購入した次第です。といっても購入したのは、メーカー直販のお店で、その安心感もあったから購入しただけなんですけどね〜(メルカリは個人売買)。しかーーーし、久しぶりに楽天で購入してみて、新たな問題点を発見。それは・・・

発送までが遅い!

メルカリだと発送までが早いと「スピード発送」の称号が与えられるので、即日発送もザラ。さらにそうでない方でも、平均的に翌日発送がほとんどです。しかし楽天市場の場合は、業者がまとめて発送したのか、即日発送はあり得ず、翌日発送でさえままならない状態。平均的には「早くて3日後」、下手すれば「1週間後」なんてこともあります。その理由は・・・

在庫の有無。

楽天は、下手すると多くが「無在庫販売」。メルカリは規約上、手元に在庫がないと販売できませんので、結果的に即日発送も可能ですが、楽天の場合は手元に在庫がないショップが多く、早くても3日後に発送なんて事態になるんです。まぁアマゾンでも購入したものの、そのショップが実は中国のお店で、国際便経由での到着になると、1ヶ月なんてこともありますけどねw

でもアマゾンの場合は、購入前にいつ頃届くか明確に出てくるので、あらかじめ了解しての購入になりますが、楽天の場合は発送の目処を知る余地がありません。一応、何日ぐらいに発送と明記していますが、あれはほとんどがテキトー。その通りに発送された経験、ありません。しかもその幅が広すぎて参考にすらなりません(2〜7日とか平気で設定する)。

この発送の早さと明確さが、メルカリやアマゾンのメリット。そして楽天のダメダメな点。

今回も発送まで「2〜5日」となっていて、さらに配送自体もどのぐらい時間がかかるか一切明かされていません。久しぶりに楽天市場で購入したものの、メルカリやアマゾンになれてしまうと、楽天がこんなにストレス溜まるとは思いませんでした。次に利用するのは2021年以降は確実ですね(笑)。

楽天市場。もう終わっています・・・

ちなみに、今の楽天市場では、もはや“いつも”やっている「お買い物マラソン」企画をやっていますが、そんなのスルー。1店舗のみでの購入で終了いたしました。



今回購入したものの経緯

・リアル店舗 4400円
・アマゾン 5600円(送料無料)
・メルカリ 3800-4200円(送料込み)
・楽天市場 4300円(送料無料+6倍の280ポイントバック)

メルカリの方が安かったですが、楽天市場がメーカー直販だったので、決定。また直販なので発送まで早いと読むも、先の話のように遅かった・・・(でもメルカリは発送までは早いが沖縄だと発送そのものが強制船便になるので時間かかる)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 15:55 | 生活雑貨・小物

2020年01月08日

1月14日まで?無料で「Windows7→Windows10」アップデート備忘録

windows10update20200114.jpg
沖縄にも離島にも、なーーーんも関係ないですが、備忘録的にブログに残しておきます。でも多少は関係がありそうな「買物ブログ」にて。

無料で「Windows7→Windows10」アップデート備忘録



2020年1月14日でWindows7のサポートが終了します。といってもOSが使えなくなるわけではなく、OSセキュリティの欠陥をそれ以降は埋めてくれなくなるだけです。なのでネット接続しないパソコンなら、2020年1月14日以降も全く問題なく使用できます。現に我が家でも、スタンドアロン専用機でXPが未だに現役です。建築士専用ソフトがXPでしか動かないので、1台だけ残している次第です。

また、メイン使用のWindows10のパソコンを購入済みなので、今まで使っていたWindows7マシンはそのままでもいいのですが、1/24以降に「あるサービス」が終わってしまう可能性があるので、急いでアップデートすることとしました。あるサービスとは・・・

「Windows10無料アップデート」

2016年まででしたっけ?半ば強制的にWindows10へアップデートさせるマイクロソフトからのプログラムがありましたが2016年で終了。現在は有料じゃないと、OSをアップデートできないと思われがちですが、実は未だに無料でできるんですよね。しかも、ヤフオクなどで転売されているまがい物のOSアップデートDVDとかではなく、マイクロソフトの公式ホームページからのアップデートなので安心です。


https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10



「MediaCrationTool1909.exe」というツールがダウンロードされますので、それを実行するとOSの更新が始まります。以前は「一度Windows10を入れたPCしか無料でアップデートできない」とか「プロダクトキーが必要」とかの条件がありましたが、やってみたところどっちも必要なし(あれは過去の事?)。Windows7がインストール済みのパソコンなら、問題なくアップデートできるようです。

っていうかできました!

Windows7proから、上記のツールを使って約半日で、Windows10proへアップデート完了。特にDVDなどのメディアは必要無く、ネット接続さえしていれば先のアプリのみで完了です。最初に「同意する」とかいろいろ聞かれますが、一度アップデートが始まればそのまま放置でOK。しかも今の環境を保持する設定でアップデートすれば、Win10になっても、W7の時のままの設定と見た目になります。っていうか最初、違いがわからないほど同じデスクトップでしたね。

データも念のためにバックアップを取ってくといいですが、実際はデータもデスクトップに置いているファイルもそのまんまで、OSのみが変わった感じでした。もちろんW7とW10では使い勝手が全く違いますので、慣れるまでは大変ですけどね。

何より無料!

それが一番です。先のマイクロソフトのページでも、ライセンス(プロダクトキー)を購入を促していて価格は19000円前後と決して安くはありません。さらにヤフオクやメルカリで売っている、製品版のOSも14000円〜16000円と、結構な値段です。それが無料ですからね〜。

使い勝手は、W7からのアップデートなら、W10でも見た目はそのまま。ソフトウェアも明らかにW10では動かないものは、アップデート時にその確認が出てきますが、あとは1個1個使えるか否か調べるしかありません。でも印象からすると、XPで使えてW7で使えなかったものが、W10では使えるケースが多かったので何とかなりそう。とりあえず無料なら損はないかな?って印象です。

ただPCのスペックが低い場合、W7が動いていたものでも、W10にすると遅すぎてまともに動かない場合もあります。詳細は先のマイクロソフトのページに書いてありますので、ご参照のこと。またOSのアップデートに失敗したり、OSのライセンスがもともと条件に合わない場合もありますので、その点はご注意ください。我が家も、あくまで使っていないW7をアップデートしただけなので、リスクなしで試すことができた次第です。

2020年1月14日
Windows7サポート期限


Windows8.1なら、2023年1月10日までサポートされますので、W8.1が使いやすい方はそのままでいいかも?

ちなみにWindows7からWindows10へのアップデートは、特に専門知識は必要ありません。必要なのは「時間」のみ!まぁ有料でもかかる時間はいっしょなので、アップデートの時間は致し方無しです。時間が惜しい場合は、Windows10パソコンを購入すべしw

関連記事/参考記事



posted by 離島ドットコム管理人 at 12:16 | デジカメ・デジタル機器

2019年12月21日

那覇オーパvs沖縄パルコ。「撤退はどっちが先?」w

whenclosenahaopa2019.jpgwhencloseokinawaparco2019.jpg

やっぱり、沖縄に住み沖縄で買物を普段からしていると、この手の出店の成否は分かりますよね。

2018/10開業 #那覇オーパ
2019/06開業 #沖縄パルコ

前者はもちろん本土系の「OPA」系のファッションとグルメメインの専門店街。後者も本土系の「パルコ」が沖縄初進出した、超大型ショッピングモール。どちらもまさに「鳴り物入り」での沖縄進出でしたが、沖縄県民からすればわざわざ行くことも無いものばかり。沖縄の偏向メディアでさえもこのような状況を綴っています。

那覇オーパ、9店舗が閉店 契約満了
後継テナント決定も集客に課題(琉球新報)

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-982477.html

「このままでは…」沖縄パルコ売上厳しく
テナントは営業継続を不安視 原因は?(沖縄タイムス)

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/512538


偏向メディアだけに、まだ改善余地有り的な書き方していますが、沖縄県民からすると今後の興味は・・・

どっちが先に撤退するかw

沖縄県民がこの2つに行かない理由、綴りたいと思います。もちろん個人的な意見ですが、それでも沖縄に住み、沖縄で買物する身としてはリアルにこう思います。

那覇オーパ/那覇OPA

  • 2階オーパと1階バスターミナルとの往来がラビリンス(直通なし)
  • 2階でエスカレーターにみんな乗っちゃう(その奥に店舗あるの?レベル)
  • 2階テナントがしょぼい
  • 3階の図書館とダイソーにニーズがありすぎw
  • 駐車場が有料(長居できない)
  • 駅直結も公務員以外はモノレール使わない


沖縄パルコ/サンエー浦添西海岸パルコシティ

  • 周辺に他のお店や施設が何も無い(ついでに行けるお店がない)
  • SCまでの途中に工場/倉庫とラブホしかない
  • 浦添にあるのに宜野湾や那覇からの方が近い(地元の人が行かない)
  • テナントも那覇のメインプレイスやライカムのイオンで事足りる
  • 駐車場が超使いにくい(立体と最大徒歩30分超の屋外駐車場)
  • 台風時に目の前の道が閉鎖されてSCまで往来不能になる
  • 目の前のバイパスが渋滞で機能していない(結果R58を通る)
  • 目の前の海が辺野古以上の埋立予定(米軍基地移設)


他にも山ほどありますが、すぐに思い浮かぶだけでもこんなにあります。アクセス面も悪ければ、テナントも悪いし、何よりその2つの施設まで来なくても他で代替可能なものばかり。北谷や那覇新都心のように、周辺に他のお店や施設があれば行きますが、この2つはまさにコレしかないですからね。


とりあえず那覇オーパは1年はもちましたw
沖縄パルコは半年もちましたw
しかし、状況が悪いのはパルコシティの方だと思います。


その理由は、那覇オーパーはまだ県立図書館と那覇バスターミナル併設という、ロケーションメリットがありますが、沖縄パルコはロケーションメリット皆無。周辺に何も無いのに加えて、アクセス面も悪いし、何より普通の台風で閉店を余儀なくされる大型SCじゃ行くにも行けません。


さてさて、どっちが先に撤退するか?
(どっちも2020年もたない気がする・・・)

posted by 離島ドットコム管理人 at 09:28 | 生活雑貨・小物

2019年10月07日

沖縄版「キャッシュレス・ポイント還元」まとめ

logo_consumer_bg_0_large.jpg


史上最悪のポイントシステム「キャッシュレス・ポイント還元」。元々キャッシュレスでの生活をしていた人には、さらにわかりにくいったりゃありゃしません。結果、基本的にこのポイント還元は「無視」。気にしている時間が無駄です。

時は金なり。

といっても、もともと沖縄だと「キャッシュレス」が浸透しているので、気づかぬ内にポイントが付いているかもしれませんね。ただ、そのポイントも放っておくと消滅するものもあるんです!

さすがにそれはもったいないので、沖縄での「キャッシュレス・ポイント還元」、自分に関係がありそうな部分限定ですが、まとめてみました。ただし沖縄では「なんちゃらペイ(QRコード決済)」はほとんど使われていないので、まとめからはスルー。電子マネーとクレカのみの情報をまとめました。

ポイント還元がある沖縄の量販店

  • 業務スーパー(2%)→Suica/VISA/MASTER/JCB
  • ビッグワン(5%)→Edy/VISA/MASTER
  • コープ(5%)→Edy/VISA/MASTER
  • かねひで(5%)→Edy/iD/Suica/VISA/MASTER
  • ジミー(5%)→Edy
ポイントはクレカでも「JCBは対象外が多い」ということ。でも沖縄だと電子マネーを使う人が多いので、ポイント還元目的は「Edy」なら問題無さそうです(業務スーパーはEdy非対応/suicaのみ)。しかしそのEdyは事前登録こそ不要ですが、還元されたポイントには期限があり、放っておくと消滅してしまいます。

Edy・ポイント還元ルール

  • 事前登録不要
  • 利用30日後に付与
  • 付与日から90日間以内にアプリなどで受取
  • つまり利用後30日〜120日の間に受取必須
ポイント還元でEdyは最も注意が必要!還元されたポイントが、利用120日後には消滅してしまいます。しかも購入から30日以降でないと受取もできないので、確実に還元ポイント消滅を狙ったシステムです(笑)。毎月アプリなどでポイントチェックするのが無難です。カードタイプのEdyの人は面倒ですね・・・(アプリタイプならいつでもチェックできますが・・・)

ちなみにsuicaの場合「JRE POINT」という形で還元されます。このJREポイントはsuica残高にチャージできるので、基本的にはEdyと同じ還元方法です。こちらは特に期限が無さそうですが、反面、事前登録しないとポイントが付きません。でももともと「モバイルsuica」アプリを使っている人なら、JREポイントに登録済の人が多いので気にしないで良さそうですが、カード型のsuicaの場合は事前登録が必要です。

でもsuicaの場合、沖縄ではあまりメリットがありませんが、本土なら「電車賃」もポイント還元対象(沖縄にはsuicaで乗車できる交通機関無し)。まぁ個人的に本土に行ったときは、100%suicaで交通機関を利用していますので、多少のメリットはありますが・・・

ちなみに沖縄でsuicaが使えるのは、コンビニとドンキホーテや業務スパーぐらい。沖縄にしか店舗がないお店でsuicaに対応しているところは少ないので、沖縄にいる際にsuicaでのポイント還元はあまり望めないでしょう。

suica・ポイント還元ルール

  • suicaカード/モバイルsuicaなどをJRE POINTサイトで事前登録必須
  • 買物の翌日以降JRE POINTで付与(実際のタイミングは非公表)
  • 貯まったJRE POINTはsuicaにチャージ可能
ちなみに沖縄でEdyの次に利用者が多い電子マネー「WAON」はイオン系のみしか使えないので、ポイント還元事業者からは除外。でもWAON自体にもともとポイントシステムがあり、そこで独自にポイントアップキャンペーンを実施しています。10月なら毎週土曜日に、イオン系スーパーで「生鮮食品」を購入すると、ポイント20倍(本来0.5%ポイント付与が10%ポイント付与)。

しかしこの「生鮮食品」という区分けが複雑で、ハンバーグでもそのまま食べることができるものは対象外ですが、焼く前のものなら冷凍物でも還元対象。さらにレンチンするハンバーグになると、商品によって還元対象だったり対象外だったり、正直「わけわかりません」。でも10月のイオンは土曜日がオトクなのは確かなので要チェックです。


ちなみにネットショッピングでもポイント還元対象のところも。ただし、ネットの場合、小さなお店が集まったamazonや楽天などの「モール」のみ。ヨドバシカメラ/ビックカメラなどのモールではない大型店のネットショップは対象外です。さらにamazonだと、アマゾン本体が取り扱う商品は対象外ですが、アマゾン経由で売るものについては還元対象のものもあります。しかし個々の商品ごとにチェックしないとわかりませんので、ネットショップのポイント還元は、正直面倒。まぁネットショップは基本的にクレカ決済なので、クレカを使っていてポイントが付けばラッキーと考える程度が無難かも?

ネットでの還元はモールのみ

  • amazon(出店企業次第)
  • 楽天市場(出店企業次第)
  • Yahooショッピング(出店企業次第)
  • Wowma(出店企業次第)
またそのクレカでの還元も、カードブランドによって還元もまちまち。めんどくせーーーw

JCBクレカ・ポイント還元ルール

  • 事前登録不要(ただし提携カードで対象外の場合あり)
  • 「354」で始まるクレカが対象
  • 前月16日から当月15日までの利用に対するポイントが翌月10日に請求額からの減額で還元
JCBは事前登録も不要ですし、還元も翌月ですし、還元方法も支払額からの相殺なのでわかりやすくて便利。さらに対象カードか否かもカード番号で分かるので使いやすいです。ただし沖縄だとJCBがポイント還元対象の店舗が少なく、あまりメリットが無い・・・

VISA/MASTERクレカ・ポイント還元ルール

  • 事前登録不要(ただし提携カードで対象外の場合あり)
  • ポイント還元対象か否かは提携ブランド次第(アバウト)
  • ご利用日から2〜3ヵ月程度の請求額から減算(アバウト)
VISA/MASTERは対象店舗が多いのが魅力。ただ提携カードがあまりに多いので、自分が持っているカードが還元対象なのか否かを事前に調べないと、ポイント還元されない可能性もあります。さらに還元も「2〜3ヵ月程度のご請求額から減算」と超アバウト。まぁ事前登録も不要ですし、ポイントが消滅することもないので、特に問題ないと思いますが、まずはお持ちのカードが還元対象か否かを知る必要があります。

楽天カード・ポイント還元ルール

  • 事前登録不要
  • 提携がVISAでもJCBでもポイント還元対象
  • 利用月の翌々月22日頃楽天ポイントで付与(52日後〜82日後ってこと)
楽天カードなら提携がVISAでもJCBでもポイント還元対象です。でもキャッシュレス・ポイント還元のお店側の情報に、楽天カードが対象か否かは明記されていません。どうやらこれは楽天独自のシステムで、キャッシュレス・ポイント還元店舗なら問答無用で還元されるみたい。しかし他のクレカのように請求額からの減額ではなく、使いにくい「楽天スーパーポイント付与」でポイント還元。ご注意あれ。


キャッシュレス・ポイント還元 まとめ

とにかく面倒なキャッシュレス・ポイント還元ですが、さらに面倒なのが、対象のキャッシュレス決済方法でも「お店側が還元対象」じゃなければポイント還元が受けられないこと。「対象の決済」でかつ「対象のお店」のダブルでマッチしないと、ポイント還元を受けられないのが一番面倒!

結論。

沖縄ならとりあえずEdy決済w

ただしEdyの場合、還元されたポイントは120日後に自動消滅してしまうので要注意。

とにもかくにも言えることは「キャッシュレス・ポイント還元」は超面倒(超不便)です(こっちがリアルな結論)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 11:47 | 食材・食品・レトルト